山尾工務店のブログ

年をとったからか?

相変わらず暑い日が続きます。この暑い中、甲子園では秋田の県立金足農業高校が大活躍。

結果は準優勝でしたが、とても話題になりました。

そういえば「さわやかイレブン」分かりますか?分かる人は私と同年代以上?

徳島の県立池田高校が44年前11人で春の甲子園で準優勝。野球部は11人の部員しかいなかった。

決勝では報徳学園に敗れたが準優勝の快挙。

今回の金足農業高校がなんか重なって見えた。気が付けば金足農業を応援してしまう気持ちは、みんな一緒ではないでしょうか。

どんなスポーツでも良い選手を集めたら強くなると思います。でもそれでいいのかと思ってしまいます。

かつての巨人が札束でスター選手を集めてリーグ優勝・日本一になった。組織に潰された選手もたくさんいたと思います。 

 

日大のアメフトの事件。18歳から22歳の学生を潰してしまった。

報道を見る限りでは巨大過ぎる日大の組織。巨大過ぎて弊害となった。その後どうなったのか?

大阪北部地震の時はブロック塀が倒壊し登校中の女の子が亡くなった。

教育委員会が無資格者に検査させていた。専門家からの指摘を無視した結果である。

事故じゃ無くこれは事件!

当時は毎日報道されていた。専門家からの指摘を無視した責任者、何よりも報告を聞いているはずの教育長。

以前の日本なら切腹。巨大組織はいつもあいまいなまま。これも、その後どうなったのか?? 

ついでに言うと、麻原死刑囚が処刑されたのち、上祐の記者会見。

記者たちが何も質問しなかったのにはビックリした。

しつこくまとわりつく普段の記者はどこに行ったのか。もっとマスコミは追求すべきと思います。

 

世の中のことを「情けない」と思うのは年をとったからか?これも情けないことだが。

三次市古民家大規模改修工事 猛ダッシュ②

三次市古民家大規模改修工事 猛ダッシュ②

黒田です!

今日の三次市志和地は天気良好。

気温31度。湿度高めです(^^)

今は、壁の石膏ボードを貼っています。

天井板のカットもしていますよ。

天井の断熱にはロックウールを入れています。

寒冷地ですので、古民家は寒さがダイレクトにきます。

すこしでも気密があれば暖炉が入りますし、

温かいかと思います。

 

三次市古民家大規模改修工事 猛ダッシュ

三次市古民家大規模改修工事 猛ダッシュ

のどかな風景、こちらは広島県三次市志和地の現場です(^^)

只今、一階は玉原が床張りの真っ最中です。

二階では僕が天井張りをやっています。

同時に建具の枠も施工中です。

7月は災害もあり、行くまでの道が通れないなどで

なかなか進まないので大変でした。

実は7月5日夕方この現場をでたものの・・

土砂災害や川の決壊で帰る道が全て通行止め。

27時間後に広島市内の自宅に到着するという、

体験をしました(^^;

現場自体は特に災害での影響はなく、

今スムーズに進んでおります。

とにかく今年の夏は暑く、梅雨空けてから猛暑でしたよね。

現場では、「水分と塩分」を同時に摂りながら、

なんとかやっていましたが、完成は9月です!!

床材にはあずみの松や、珪藻土のヘルシーカラー

で仕上げます。仕上がりが楽しみです。

現場の朝はかなり涼しくなってきましたよ。

追い込み頑張ります!!

黒田

私が生まれる前のこと

私が生まれる前のこと

今回の豪雨で被災された方々へお見舞い申し上げます。

幸い私の廻りでは被害はありませんでしたが、黒田が帰れなくなり家まで27時間かかりました。

テレビが言う「何十年かに一度の大災害」それが「4、5年に一度の大災害」になってしまいました。

まだ手のつけようのない所もあると思います。 

10数年前、旧佐伯町の狭い谷間の川の近くの現場で、かなりの豪雨あった時のこと。

雨の音もですが、川が鳴っていました。外も暗くなり川を見たら轟音と閃光。岩がぶつかって轟音と閃光を出していました。そこで施主さんから聞いた話書きます。 

 

私が生まれる前、この現場一帯は水害で家屋がほとんど流されたそうです。

川の様子見に行って父親に「川の水はそんなに増えてない」言うと

父親が「それが危ない!鉄砲水が来る。すぐ逃げろ!」と。 

近所共々、着の身着のまま高台に避難したそうです。生まれて半年の赤ちゃん抱いたお母さんもいたそうです。

その直後、鉄砲水が来て家々や田畑を流し、蔵は箱が転がる様に流れて行ったそうです。

家屋は流れましたが犠牲者は出なかったそうです。

川の水が増えない。これは上流でせき止められているからです。

せきが決壊すれば鉄砲水になる。間一髪の避難だったのでしょう。

 

昔から言う「真谷(谷の正面)と川の突き当てには住むな」これは鉄則ですが平地の少ない広島。

今回の被災地は真谷が多かった様です。ハザードマップでの場所が被災した様に思います。

また、変な名前のついた土地。過去に災害があったかもしれないので、よく調べた方が良いと思います。

不動産屋。一部の意見ですが「指定されたら価値が下がる。変な名前は伏せろ。」こんな理由で周知がなされなかったのも事実です。

何十年に一度じゃなく数年に一度避難経路を確認しておきましょう。

これから土地探される方、十分に注意してください。

 

最後に今月の小言。

ある会社が「土砂災害での床下点検をします。」こんなCMしていました。

モラルを欠いたと言うか、悪く言うと「火事場泥棒」に近いCM。

金のためなら何でやるマスコミ。倫理観を持って放送しろ!

今月の小言でした。

三次市古民家大規模改修工事 暑いです

どうも黒田です!

三次市は本当に暑いです。

朝とお昼の気温差がすごいです。

サッシがようやく入りました。

これからLDKの無垢フローリングの施工に入ります。

あづみの松を使用します。

仕上がりが楽しみです。

黒田

お久しぶりです。黒田です。

6月

サッカーW杯が開幕してから寝不足ぎみだった黒田です。

今回のロシア大会はどの試合も見入ってしまうものばかりで…それもそのはずですよね!

グループステージが半分終わった時点で、得点が入らない試合(スコアレスドロー)が1試合も無いみたいですし、世界ランキング上位のチームが苦戦するくらい下位チームが頑張っていましたから!!

地元ロシアは歴代の開催国で一番弱いと言われていましたが絶好調でした。 

日本もいろいろと言われていましたが、それを起爆剤に一致団結して、いいスタートを切っていましたね(^-^) 

 

大阪では震度6弱の地震が起こって家屋の全壊・半壊もあるようです。

ちょうど今、僕自身が家の耐震の講習などに参加させてもらっているので耐震の重要性を一段と感じています。

そこで、皆さんの家のことを少しでも見直してもらえたらと思って書きます。

まず、家の確認申請を行ったのが1981年6月以降ですか?

それ以降であれば新耐震基準を満たしています。

しかし、建物の劣化や、リフォームによる変更があれば一度耐震診断を受けてみた方がいいかもしれません。

 

そして、インターネットで地震ハザードカルテを検索して家がある場所の地盤の様子、地震の発生確率を確認してみてください。 

何か気になることがあれば耐震診断を受けてみて、今の家でどれくらいの地震に耐えられるか確認しておくといいと思います。

耐震補強を考えているけど予算が心配という場合は、部分的に補強をするという手段もあります。

接合金物の取り付けのみを行う、ちょうどリフォームをするのでそこだけでも補強するなどやり方はいろいろあります。

ただむやみに壁を増やしたり、やり方を間違えると家の性能が悪くなってしまうので、

補強を考える際は耐震診断を行って、効率的に補強していくことをお勧めします。

地震が起こっても命だけは守れるような家をこれからどんどん残していけるように頑張ります。

只今、三次市の古民家大規模改修工事の真っ最中です。暑いですが頑張ります!!

 

次は新潟へ

次は新潟へ

5月熊本に行ったのに、6月は新潟。遊んでいる訳じゃない。

熊本は同好会みたいな集まりでちゃんと地震被害について話(アルコール付だが)。 

新潟は有機質と無機質な部屋をテーマにした研修。

 

自然素材な部屋とビニールクロスの部屋では子供にどれくらい影響があるか? 

うちの「さんびオリジナルハウス」の考え方に近いので参考にしたいと思い、新潟に行くことにした。

無機質な空間だと「無気力・無関心でアレルギー」になりやすく、

有機質な空間なほうが表情豊かで落着いた子になる。 

自然素材の良いのは皆知っているとは思いますが、予算をどうしたら下がるか、下がる仕組みがあるので取り入れることに。 

 

新潟に行くのに大阪から飛行機らしいが、死んだ祖母さんの遺言で「飛行機には乗るな」と言われているので車で出発。

研修は翌日午後からとはいえ、深夜ドライブはキツイため金沢で一泊した。

大きな鳥の巣みたいな金沢駅。有機質な建物に見えた。

広島駅は改修したものの、なんか殺風景で無機質な建物。もう少しどうにかならないか。

 

そんなこと思いながら無事新潟に到着し研修を受けた。 考え方は前説の通り。

研修後、そこのモデルルームを見学し、新潟の郷土料理「のっぺ」もいただいた。

いろんな野菜が入っている煮物料理でほっとする味だった。 

新潟は遠かったが自分の考えもぶれることはなく、色々と答え合わせができた。

 

帰りはそのまま財布供養をするため鳥取の金持神社へ。

新潟から鳥取は地図で見るとずいぶん遠回りだが、私の頭の中はそうでもない。

金持神社は数年前、私一人の貸し切り状態だった。今回は平日なのに観光バスが2台。

最近よくテレビにでる片山前知事の影響だろうか?

この神社、縁起の良い神社として金運のパワースポットになっている。

愛用していた財布をお祓いしてお焚き上げしてもらえる。 

その後、金運を招く金の素なるものをいただける(笑)

色々と収穫が多い旅?となり、遠くまで行った甲斐があった。 

広島→石川→新潟→鳥取→広島 走行距離1,600km結構走ったなぁ。

熊本城見学

熊本城見学

「北朝鮮がミサイル打つので対馬からロケット花火で応戦しよう」と、去年は対馬に行った。

古民家再生友の会(勝手に名乗ってるだけですが)たる不特定のメンバー4人。

先日の週末、真面目に「熊本地震被害調査」も兼ねて熊本城現地集合。

もう天守閣も復元されていましたが櫓の石垣の角だけ残っている。

そのまま一定の法則で当時作られたそうだが、

今数式に直すとlog(ログ…何乗すればいいのかを表す数)が出てくるそうだ。

先人達の知恵と技術があったから櫓が残った。 

くまモン募金箱に千円入れて、天草の民宿へ。

そこで出たのがウチワエビとタコステーキ。

初めて見たウチワエビ。伊勢エビみたいな味(伊勢エビ自体数える位しか食べてないが)

タコステーキはマダコ。下の写真の様に起こすのは難しいそうです。  

翌日は阿蘇山に。来たのは小学校の修学旅行以来。

あれから50年。半世紀もたったのかと、こんな事思いながら上っていった。

季節も同じ頃だったので景色を何となく覚えて、変わらない様に思えた。

ロープウェイまで行ったが「風向き悪く火山性ガス規制で運休」。

外に出たら硫黄のニオイと煙で涙が出る。火口まで行ってみたかったが仕方なく退却。

 

時間があったので大分からフェリーで愛媛県伊方へ。

佐田岬に到着し駐車場へ車を置き、佐田岬の先までは歩きで灯台まで往復3.6㎞のヒルクライム。

アップダウンもかなりあるので歩く装備で行った方がいいです。

私はまだまだ大丈夫!景色も圧巻でした。 

 

2日間で車の走行距離1300㎞の旅行。いや地震視察でしたね。

熊本の復興も勉強でき、美味しいものも食べ、気分転換が出来たと思います。先人達の知恵と技術があったから櫓が残った。 

屋根葺き替え工事 江田島市能美町

屋根葺き替え工事 江田島市能美町

広島県江田島市能美町にて

築120年以上の古民家の屋根葺き替えが

始まります。

状態もよくないので、3週間はかかりそうです。

来月またアップしますね。

黒田

古民家大規模改修工事 三次市 少しずつ進んでいます

古民家大規模改修工事 三次市 少しずつ進んでいます

森北です。

5月23日(水)広島市内はけっこうなざあざあ雨。

朝、出社すると山尾より「柱のゆがみを修正するので

家を起こすワイヤーをレンタルしてきて!」

と電話があり、急きょチルホールという器具を車に

積んで三次市へ。

三次市と言っても、「志和地」というところ。

一番の近道は向原を経由する県道37号線を

ひたすら北へ。

雨もあって、二時間以上かかってしまい、

やれやれです(^^;

到着した時はしとしと雨になっていて、

気温18度。少し肌寒い感じでした。

築80年の古民家。とうぶん住んでいなかったこともあり、

雨漏りもあったようです。

先日も家の歪みの修正をしたのですが、

少し歪みが元に戻ってしまい、もう一度

やることになりました。

早速、柱を垂直にする作業を始めました。

桁にワイヤーをかけ、引っ張ります。

相当の力がいるようで苦戦中。がんばれー

ワイヤーを引っ張ると大きな家がきしきしと

軋む音がします。ちょっと怖い音です。

家が起きてきている音はなかなか聞くことが

できませんから私には貴重な経験でした。

何回か引っ張り、垂直になってきたところで、

主な柱に筋交いを入れ、戻らないようにします。

なんとか修正できそうです。

しかし、大きなお家です!

床ができたら早速施主様とコーディネートの

打合せです(^^)

  • 資料請求
  • お問い合わせ