山尾工務店のブログ

工務店が施工する木造軸組工法

家の建て方には、様々な工法があります。

木造建築だけでも、軸組工法、ツーバイフォー、木質パネル工法などがあり、それぞれ特徴があります。

さらに、鉄筋コンクリートや鉄骨造りなども選択肢に入れると、どれがいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

しかし、湿度の高い日本の気候に、断然マッチしているのは、木造建築です。

木造建築の工法は、住宅会社によってかなり違いがあります。

木造軸組工法は、家づくりの最も基本的な工法で、在来工法とも呼ばれています。

基礎に木の土台を乗せ、その上に木の柱を立てて骨組みを作り、 筋交いなど斜めに入れた木材で、骨組みを補強しながら、頑丈な家を作っていきます。

工務店では、ほぼ100%、木造軸組工法を採用しています。

これに対して、大手ハウスメーカーは、ほとんどがツーバイフォーを採用しています。

 

木造軸組工法は日本で生まれ、古くから使われてきた伝統的な家の工法であり、ツーバイフォーは北米で生まれた工法です。

弊社は木造軸組工法で行っており、出来上がった家はやさしい木の香りに包まれています。

木で作られた家なので、言わば、暮らしながら森林浴をしているかのような心地良さが味わえます。

職人が一本一本、吟味された木材を使い、 昔から伝承された技で組み立てていきます。

柱と梁で構成されているので、他の工法に比べて設計の自由度が高く、増改築が容易にできるという長所もあります。

職人の技が最も生かされる工法なので、工務店は、ベテランの職人や、腕のいい職人をかかえています。

工務店で家を作った人の満足度が高いといわれる理由は、こういう点にもあるのでしょう。

現在では、木材の加工技術もレベルアップし、今まで以上に耐震性、耐久性に優れた木材もあります。

先人たちが知恵を絞り、現代に伝えてきた「経験の積み重ねによる改良」がまさに生きている工法、と言えるでしょう。

秋がやってきました

もう秋ですね。9月は稲刈りを手伝いに帰省しましたが、秋ではなく夏の暑さでした。

稲を刈った後の田舎の秋の雰囲気が何となく好きで、のんびりくつろいで日が暮れてから広島に戻ったのですが、

車のフロントが虫で大変なことになりました。市内を走るのが少し恥ずかしいです(笑)

秋と言えば食欲かスポーツかですね。

カープは残念ながらクライマックスシリーズ行けませんでしたが、来シーズンに期待したいです。

それより今年の秋はラグビーにハマってしまいました。

普段気にかけて見ないので、もちろんルールはよくわかりません。選手の名前もよくわかりません。

パワフルなプレーとか助け合いの精神とかが目に見えて伝わって来るので見入ってしまいます。

選手の名前がわからない程度なのでどこの国の試合が見たいとかはないのですが、どの試合を見ても楽しいです。

タックルは交通事故にしか見えません。(笑)

そんなラグビーのW杯が日本で開催されているのですが、

日本のラグビーファンの熱心な応援やおもてなしが世界で話題になっているみたいです。

広島でも試合が開催されれば、せめて合宿でも誘致してくれていたらと思いますが、テレビで楽しみたいと思います。

最近1歳9ヶ月の息子のタックルが激しさを増してきたのは気のせいかな(;’∀’)

体調管理に気を付けて、秋を満喫しましょう。

夏のことですが、宇品の花火大会に行きました。

息子は花火に怖がることなく、楽しんでくれたみたいです!

9月の台風

 9月末の台風悪いコース通ったのに大したことも無くやれやれです。

千葉では停電が続きその影響で断水も。この停電ですが東電の上から目線の対応で益々混乱しています。

知り合いの知り合い?東電の社員が言うのに「とにかく暇。緊急時の対応の為に会社に居る。年収は一千万円以上」だそうだ。

電力会社は電気を送る使命がある。だから十分な利益を国が認めている特殊会社。一般では考えられない国策会社。

その東電が原発事故に続いてこの大失態。「3日で完全復旧」と見え切ったが復旧には目途がつかない。

さっきの暇な一千万円社員たち、日頃何していたのか。またこの有事に何しているのか?

脳無社員を首にして電気料金少しでも下げろと言いたい。

原発事故で全国民が東電の為に負担が増えている事を肝に銘じるべきと思います。

 ところで「2001年宇宙の旅」映画知っていますか?木星が第二の太陽になる映画。

その宇宙船の「パンナム」のマーク知っていますか?

若い人は知らないと思いますがアメリカを代表する航空会社でアメリカのナショナルフラッグ。

日本で言ったら「JAL」ですが2001年にはすでにパンナムはありませんでした。アメリカ政府は助けなかった。

だが「JAL」が倒産の危機の時、日本政府は「ナショナルフラッグは守る」と、税金で財政支援。

原発事故の時も東電にやはり税金で財政支援。JALが無くなって困る国民何人いる?東電無くなって困る人何人いますか?

幹部連中と株主のブルジョア。それを助ける為に税金を使う。

ゴルバチョフが言った「良くできた社会主義国家」か。まあ大手企業は暇な高給取りいっぱいいる。

何より原発事故の経営者3人が「無罪」。呆れ返ってものが言えない。 

耐震補強工事 広島県大竹市

耐震補強工事 広島県大竹市

築40年の耐震補強工事を行いました。

耐震診断結果は悪くなかったのですが

もう少し安心な数値になればとのご要望

でした。

 

耐震工事期間 4日

使用した耐震補強材

   ・かべつよし(耐震補強材)

   ・かぞくまもる(後付けホールダウン金物)

   ・そきょうこ(基礎割れ補強材)

– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>

耐震診断・耐震補強工事 広島市南区

耐震診断・耐震補強工事 広島市南区

一軒家の耐震診断・耐震補強工事を行いました。

ご依頼を受け、まずは現況調査をします。

①壁の量の確認

②壁の配置・バランスの確認

③柱や梁などの接合部金属の確認

④劣化事象(ひび割れ・腐れ)の確認

⑤小屋裏・床下の確認

たくさんの項目を確認し耐震診断書を作成します。

後日、その結果報告と改修提案書をお施主様に提出

します。数値化されているのでわかりやすく、

現状がどうなのかを知ることができます。

耐震改修工事をするかしないかは、そのあと

になりますので、安心して耐震診断できます。

その後、話が進み耐震改修工事をすることになり

ました。ちょうど広島市では

「広島市住宅耐震改修補助制度」を実施して

いましたので、応募したところ対象の案件となり

20万円の補助金を申請することになりました。

何回も役所へ行く覚悟はいります。その辺は

想定内で申請されるのであれば、とてもお得だと

思います。

 

■耐震補強工事期間 3日

■使用した補強材 

   ・かべつよし(耐震補強材)

   ・かぞくまもる(後付けホールダウン金物)

   ・そきょうこ(基礎割れ補強材)

住宅ローン控除は、自己申告制です!

住宅ローンを組んでいるからといって、

自動的に住宅ローン控除を受けられるわけではありません。

確定申告での自己申告制になっています。

給与所得者の場合も、初年度は税務署への確定申告が必要です。

申告時期は、

住宅を取得して入居した翌年の3月15日までに居住地域の税務署に確定申告をします。

必要な書類はそれぞれ入手先が異なりますので、

準備できる書類から早めにそろえておくと安心です。

 

[確定申告書に添付する書類と入手先]  (戸建て注文住宅の場合)
① 住民票 (写)・・・市・区役所、町村役場
② 建物登記事項全部証明書・・・法務局
③ 源泉徴収票 (原本) (給与所得者のみ)・・・勤務先
④ 建築工事請負契約書 (写)・・・本人所有
⑤ 住宅ローンの年末残高証明書・・・住宅ローンを契約した金融機関
 
 
山尾工務店では実際に発生する諸費用を盛り込んだ資金計画を作成し、 安心して家づくりができるよう、寄り添います。小さなことでも相談できる工務店でありたいと思っています。

建てる家の性能も資金計画にかかわってくる!

ニュースなどでも耳にする機会の多い

「長期優良住宅」や「エコ住宅」。

家づくりでも検討されている方も多いのではないでしょうか。

家の快適性は、暮らしやすさだけではなく、税制面や住宅ローンにもかかわってきています。

住宅ローンでも目にする「優遇金利」。

金融機関がキャンペーン的に一定期間だけ設定する金利ですが、

それ以外にも、住宅の性能に対して金利を優遇する住宅ローンが増えています。

快適で暮らしやすい家は、税制面でもお得です。

長期優良住宅では、登記などの登録免許税が引き下げられ、

不動産取得税が課税標準から1,300万円控除、固定資産税の減額措置もされるなど、

一般住宅に比べて手厚く減額されます。

 

性能面や可変性など、長期にわたって快適に暮らせる住宅は、

将来の家族構成が変わっても間取り変更がしやすいなどのメリットもあります。

さまざまな優遇があることから、入居後の納税や返済にもかかわってきますので、

家のプランニングの前に知っておきたい情報の一つです。

 

さんびオリジナルハウス「シンプルに暮らす」安芸郡府中町 完成見学会終了

さんびオリジナルハウス「シンプルに暮らす」安芸郡府中町 完成見学会終了

完成見学会&オープンハウス無事終了しました!

いろんな方々に来ていただきました。

完成見学会の後、オープンハウスも同時に開催できたこと。

施主様のご厚意あってのことでただただ感謝しかないです。

「山尾の家づくり」を少しでも多くの方に見ていただく

いい機会を作れたことを今後につなげ、恩返しできるよう、

これからも頑張っていきたいと思います!

 

 

煮えるように暑いです

 避難勧告がでた日曜の夕方、

太田川放水路の河川敷ギリギリまで水がきていて

「増水注意」の電光掲示が出ているのに

河川敷駐車場には十数台の車があった。

確かにこの辺りでは雨は小ぶりだが、上流の雲は黒い。

ここは降っていなくても上流は大雨。

それが分からないのか

以前の台風で放水路の堤防いっぱいまで水が上がった事があった。

危機感の無さ。平和ボケだと思います。

車が流されれば自己責任。

それに二次被害も生まれる。

常識ある行動を取って貰いたい。

 7月は選挙でしたね。

地元と中央2社のマスコミから電話アンケートがあった。

地元は050から始まる番号。中央は非通知。

3社とも質問はほぼ同じ。

しかし最後に聞いてきたのが

地元は候補者一人一人の認知度。

中央は改憲についてと年金について。

3社とも違った。

このアンケートですが、

電話番号を無作為に選ぶのだが三つ当たるとは!

今月買ったロト6。

30ある数字の中から6つ選ぶ宝くじ。一つも入って無なかった。

まさかのオールスカ!

これまた珍しい。くじ運全てアンケートに行った様だ・・・

 

 

   最後に、8月10・11日に安芸郡府中町でZEH住宅完成見学会行います。

イベントも少し用意しています。

暑い時期ですが、お時間ありましたらお越し下さい。

その直後オープンハウスは12日~25日まで行います。

この期間は常駐しませんので見学の方は0120 – 74 – 0656にお電話下さい。

ご案内致します。多数のご来場お待ちしております。

さんびオリジナルハウス「シンプルに暮らす」安芸郡府中町 7月の様子

さんびオリジナルハウス「シンプルに暮らす」安芸郡府中町 7月の様子

毎日本当に暑いですね。。。

暑さでバテそうですが、現場では暑さ対策で

ファン付きの作業服を着ている黒田や職人さんもいました(^^)

さて!7月は内装に建具に電気に設備にと一気に入りました!

左官さん、表具店さん、設備屋さん、電気屋さん、畳店さんなどと

いろんな人の出入りがあった7月でした。

そして先日、完了検査を迎え無事に終わりました!

これからは外のデッキやフェンスをやっていきます。

こちらも完成見学会でお見せできたらと思います。

そんな7月の様子です!

完成見学会も近くになってきました。

イベントで消臭ボールに絵の具で絵付け体験もしようと思います。

家づくりやZEHについて興味のある方、気になる方、是非ご覧ください!

お問い合わせはこちらから↓↓↓

  • 資料請求
  • お問い合わせ