山尾工務店のブログ

自転車は軽車両~萩での出来事~

3月中旬頃、萩に仕事で行った時の事。信号待ちで停車をしていたら

中学生らしき女の子二人がヘルメットをかぶって自転車でやって来た。

横断歩道の手前で自転車を降り、一列で横断歩道を渡り、

そして自転車に乗ってまた一列で行った。

これが本当の自転車のルール。

我が物顔で傍若無人に走り回り、二列三列で走る自転車ばかり。

横断歩道は自転車は降りて渡り、渡ったら一列で左を走る。当然の事。

このルールを知ってる教員は皆無と思ってが、萩にはあった。

ちゃんとしたルールを教えている萩の教育委員会か学校長か。

とにかく褒めたい。萩と言えば幕末の志士高杉晋作の生地である。

それも関係あるのか。とにかく萩の教員を褒めたいGreat!

ちゃんとした教育をしていると思った。

社会に出てデタラメな自転車ルールに染まらないでほしいと思った。

山尾

 

3月はあっという間でした

こんにちは、森北です。

長女が4月から北九州市へ行くことになりました。

大学の手続きからやっと解放されたのですが、

後は引っ越しです。車で運べるものを運べば終了です!

とは言っても、家具の組み立てもあるし、色々大変でしょうね。

もちろん、コロナウイルス関連で入学式はなくなりましたので

セレモニースーツを着ることもないですし、気楽ではあります。

 

長女には早めに一人暮らしに慣れてほしいところです。

周りから信じられない!県外に出すなんて、寂しいよーとか言われます。

私はどんどん家をでて、勉強も遊びもバイトもして経験をしてほしいと思うのです。

距離はほどほどにあった方がいいと私は思っています。

 

入学ガイダンスで小倉で夕飯を食べたのですが、駅の近くはとても活気があり

いいところだなっと。

小倉鉄なべ餃子はとても美味しかったです。あと牛すじ煮込みも!

 

春こそ素敵な季節ですが、今、行きたくてもなかなか行けなかったり、ストレスばかりですね。

普通が一番幸せなんですね。不安の少ない世の中に早くなってほしいと思います。

 

 

~小倉鉄なべ餃子 魚町店にて~

 

 

 

鹿児島・熊本列車の旅

森北です。

去年の11月にですが鹿児島・熊本に遊びに行きました!

JR薩摩線で鹿児島から熊本へ北上する

のんびりな旅、最高でした!!

まず前半です

そして後半です

九州の特急列車はいろいろあり、いつか全種類制覇してみたいです!

今後も、山尾工務店スタッフが行った場所を

ときどきあげれたらなと思います^^

工事のお手伝いをさせていただきました

3月上旬ぐらいまで

大規模な増築工事の

お手伝いをさせていただきました。

工事をしながら週一で施主さま、監理者の方と

打ち合わせ(定例会議)を重ねながら進めていき

無事に工事が終了しました。

住宅設備に

パナソニックのLクラスのキッチン

リクシル のサティスのトイレ

などを設置しています。

和風木造の建築でオーダー収納家具などもあり、

とても見応えがあり

工事の打ち合わせのたびに勉強になりました。

写真はお打ち合わせの時の様子です。

後日、施工事例でアップしたいと思います!

無名 vs 有名

地元の工務店と、大手ハウスメーカーは

同じ「住宅」という商品をお客様に提供しているものの、

そのあり方は大幅に違うものがあります。

かたや、全国的に無名の企業でブランド力がなく、

一方は、全国に支店を持ち、派手に広告宣伝を打ってブランドの浸透に力を注いでいます。

 

他の業界でこの構造と似ているものを例にあげてみましょう。

化粧品なら、宣伝をしないけれど良質な原料を使う小さなメーカーと、

CMや雑誌で大々的にファッショナブルな宣伝をし、流行を牽引する大手メーカー。

教育産業では、先生が一人で開いている町の小さな学習塾と、全国展開している大手塾や予備校。

電気販売業では、地元の電気屋さんと、有名な電気街や国道沿いにある全国チェーンの大型電気販売店。

などが挙げられます。

 

小さな化粧品メーカーや、学習塾、電気屋さんには、それぞれ需要があって成り立っています。

もちろん、大手ならではの設備や組織、品揃えには叶いませんが、

ノウハウはそれぞれに培ったものがあり、それを支持する顧客がいるわけです。

 

また、小さな組織の最大の利点は、

大手には手のまわらないきめ細かい対応ができる、ということにあるといえるでしょう。

例えば、家の電気製品が壊れたとき、すぐにとんできて修理をしてくれるのは、

大手家電販売店ではなく、地元の商店街の電気屋さん、という具合です。

 

工務店と、大手ハウスメーカーの図式も、これらのことが当てはまるのではないでしょうか。

それぞれに優れた点があり、

お客様は自分の好みや予算に応じて、数ある会社の中から一社を選んで、夢のマイホームをつくるわけです。

 

工務店とハウスメーカーの特徴をよく知って、

悔いのないよう、納得できる家づくりを目指したいものです。 

ブログ参加です^^

山尾(未紗都)です。3月からブログ参加します。

今まで山尾工務店からお客さまに送っているニュースレターで時々コラムを書いているのですが、

ブログにも時々載せようと思います!

 

突然ですが、ご存知の方もいるかもですが、私SMAP・中居君のファンなんですね。

ファンになってそろそろ18年ぐらいが経つんじゃないかと思います。

なので、2月にあった中居君の記者会見について書こうかと(笑)

先に断っておきます!私情が入ったただのファンの話しになるかもしれません。そう感じさせてしまったらすみません!

記者会見、すごく中居君らしいものでとても良かったと思いました!

会見前から不安は全然なかったのですが期待を越える楽しい記者会見でした。

SMAPのことなど伝えてくれましたし、SMAP不仲報道についても

「不仲で良いんじゃないですか。本人達が分かっていれば良いので」

と応える。などなど嬉しい会見でした。

記者からの質問にムキになって応えず、質問に応えつつも話をユーモアに引っ張っていくのすごいと思います。

でもここまでの会見や言葉は前からかなーり準備していたと思います。

そんなこと考えたりしたら、ファンで良かったな、勉強になるな、なんか背中押されると思いました。

すみません。きっと話しが重いですね(笑)暴走してしまいました(^^;)  

 

そして、コロナウイルスですが、イベントが続々と中止になっていますね。

私、漫才を見に行く予定があったのですが、やはり中止になってしまいました……

私最近お笑いの「和牛」にはまってるんです(笑)このM-1ツアーに行くきっかけも和牛です(笑)

漫才を生で見るの初めてだったので、中止は本当にショックです。行きたかった!笑いたかった!

でも、このショック分を次の楽しみにぶつけようと思います!

コロナやインフル対策、花粉、年度末と重なって不安やバタバタとされている方が多いと思います。

でも、そんな中にも楽しみや良いことが見つかればなと思います(^o^)/

 

何か写真ないかなと携帯の中見てみたのですが、最近はあまりなく去年行ったカフェの写真を(笑)

早くコロナの不安がないように遊びに行ける日がきますように!

山尾未紗都

土地の上手な探し方

家を建てようと決めたら、まず土地を探さなければいけません。

最初から土地が決まっている人には不要のことですが、

土地探しは、素人にはなかなか難しいものがあります。

なぜなら、安くて良い土地の情報を見つけ、問い合わせをしても、

既に売約済みであることがほとんどだからです。

ですから、やはりプロの手を借りることが最善の方法となります。

まず地元の不動産屋さんに頼むことを考える人が多いでしょう。それで正解です。

しかしもう一つ、声をかけるべき会社があります。それは、地元の工務店です。

工務店は、地域密着型経営をしているので、不動産屋さんとは良い関係を築いています。

良い土地の開発が始まると、不動産屋さんは、すぐに工務店に情報を流します。

工務店は、家を建てる見込みのある人に、その情報を伝えるというわけです。

ですから、不動産屋さんと、工務店、両方に

「良い土地を探して家を建てたい」という希望を伝えておくことは、

住宅情報誌やインターネットよりも、ずっと確実なのです。

希望を伝えることに、費用はかかりません。

ただ頼んでおくだけでよいので、ぜひ実行することをお勧めします。

まだ続くコロナウイルス

 テレビでは相変わらず朝から晩までコロナウイルスの話ばっかり。

皆さんも同じだと思います。

呆れかえるのが国の対応。

「検査人数が1日9人。少ないのは検査の報告が地方から上がってこないから」と言い訳するが、

和歌山だけの報告でも1日20人、多い日は120人。国に報告しているのにこの有様。

まるで人ごと。危機感が無い霞ヶ関で蔓延したらどんな対応するのか。

あげくの果てに検査の事を聞かれると

「専門家会議の議題に出てないので対応する必要が無い」開いた口が塞がらない。

試験の為だけの勉強している連中の世間知らずをさらけ出したと思う。

それにこの騒動で民間のセミナー・説明会などはことごとく中止になった。

だが、国土交通省・環境省・経済産業省連携のZEH合同説明会は予定通り行う。

やはり世間ずれしてる。何かあっても責任はうやむやにして言い逃れるから大丈夫。

下々は言う事を聞くと思ってる。世間知らずの官僚の思い上がりか、また安倍さんの国会答弁。

発表はいつも下を向いて官僚の文書を棒読み。自分の言葉は言ってない。

文書を棒読みするのなら、官僚に読ませておけば良い。

情けない。だから世界から揶揄される。もう先は無いかな。

次は誰がやる。どうも力量不足・・・

民主党の時みたいな先の見えない暗黒時代にはなってほしくない!

 

 この騒動で各メーカら、納期回答が出ない連絡がきています。

殆どの製品が不可。国産は一応あるが部品の在庫次第。

大変な事態。現実的にマスクがない。

皆さんもお分かりだと思います。

世界の工場、中国がストップするとこうなる。

脱中国、言ってはいるが中々進んでいない。

早く収まってほしいと思っています。

佐伯区 大規模改修工事③「トイレ・耐震工事」

佐伯区 大規模改修工事③「トイレ・耐震工事」

他にもトイレなども改修工事しました。

壁はクロスで間に仕切りを入れて腰壁にしています。

和で落ち着きがありつつ、

腰壁に使用しているクロスが印象的なトイレ空間です。

 

リフォームをしながら同時進行で

耐震補強もしました。

壁を補強したり、後付けのホールダウンをつけております。

今回の耐震補強では

広島市の「住宅耐震改修補助制度」の承認を受け、

補助金の申請ができました。

耐震で使用した補強材

・かべつよし(耐震補強壁)

・かぞくまもる(後付けホールダウン金物)

佐伯区 大規模改修工事②「ゲストルーム・和室」

佐伯区 大規模改修工事②「ゲストルーム・和室」

今回はゲストルームと和室のリフォーム紹介です!

ゲストルーム

元はLDKの場所でした。

Before
 
 
 
 
 

 

 

 

 
After

ロフトつきの部屋になっています。梯子も作っています^^

天井を勾配天井にしたことにより、

同じ床面積なのに広く感じられます。

元々ある丸太もしっかりと見せて濃い色で塗装してもらい、

床は硬い特徴がある楢を使用しています。

またゲストルームは今後泊まれるように

洗面・トイレ・シャワー室がある洗面室があります。

和室

床の間や仏間を設けました。

Before
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
After

壁は聚楽(じゅらく)を塗っています。今回聚楽を塗るのは初めて見たので勉強にもなりました。

襖の紙は土佐和紙を使用しています。和紙ならでは趣きも感じられます^^

 

ゲストルーム
床……楢(ワトコオイル  ダークウォルナット塗装)
   洗面室→チーク
壁……クロス    
天井…杉      
   洗面室→クロス
 
和室
床……畳 
壁……聚楽
天井…既存

  • 資料請求
  • お問い合わせ