おやじの小言

大工を始めた頃の家づくり

暑い日が続きます。事務所入口の温度計39.5度。まあ暑い!エアコンのありがたさ痛感します。

 

今回、私が大工を始めた頃の家づくりについてお話しようと思います。

 

当時はまだ荒壁(竹の小舞かき赤土で作った壁)が主流でした。木材は地元材ですが、少しずつ外材が入り始めた頃でした。

山を持った施主さんは「自分の山の木を使ってほしい」とのことで、少し前まで「先山師」が居ました。

「山師」とは木を伐採する人。それに「先」が付くので「どの木を何処に使うかを指示する人」です。木にもクセがあります。

山の地質、風の当たり方、尾根か谷か、水分量など。育ち方で色々とクセも違います。大工と木の両方の知識が必要です。

先山師が指定した木を晩秋に山師が切り、冬に雪が降ってから運び出す。もうひと昔前までは馬が居ました。私が大工を始めた頃にはもう重機は車でした。

 

大きい梁は皮を剥き自然乾燥、柱桁材は製材し、田植えが終わった頃から刻み始め、秋に上棟。

瓦を葺いて、素立ちのまま半年乾燥させます。荒壁付けて半年放置し、造作して壁の中塗りをして一応引渡します。

しかし、壁の上塗りは1年以上たった空気が良く乾燥し晴天が続いた頃を見計らってようやく上塗りで完成。

完成まで3年〜5年。今では考えられない工期です。

 

大工仕事としてはまずは刻みその前に木取り(どの木を何処に使うか)をする時点で、木には全てクセがあることを把握しなければいけません。

将来この木がどの様に曲がるかを見て何処に使うかどう組み合わせるのか、これが一番肝心な所です。

「木の目を見る」これは誰も教えてはくれません。中にはへそ曲がりな木もあります。

今みたいにプレカットは無いので刻みには時間がかかります。組み始めたら木が予想以上に曲がっている事もあります。

同年代の大工たちとあずりながら(あがきながら)やってきたものです。

目で見て覚え、自分なりに考えて施す。

時間をかけて作った家はプライド。世界に一つです。 

重くて大きな参考書。これは今は本棚に眠っていますが、昔はけっこう読んだものです。(わかりやすいよう携帯を置いてみました)

 

山尾工務店 広島 木の家 珊瑚の漆喰 自然素材 新築 リフォーム

梅雨明け

 梅雨の時は一ヶ月雨だった。

太田川放水路が、ほぼいっぱいになるほどの大雨も降った。

 コロナが始まった頃は「高温・高湿・紫外線に弱いので夏には治まる」と言っていたのに。

第二波が来てまた閉鎖?

それなのに誰も使わないアベノマスクをまた配ろうとした。

まったくの税金の無駄遣いだ。そんな金使うのなら、全自動の検査器何台買えるのだろう。

一度決めたら途中では変えられないお役所仕事。

大体キャリア官僚達は試験の為の勉強をしてなった連中。

世間のせの字も知らない上級国民。理解しろと言うのが所詮無理か。

 

 話は変わるが、試験の為の勉強と言えば資格試験。これまた全く実践的でない。

全く無意味でのひっかけ問題が試験問題に多い建築士の試験。

合格した設計士気取りの連中の中に自己中で無機質なある有名建築士を教祖とするデザイン系の設計士が言い出した「檜は腐らない」「0軒(のき)住宅はおしゃれ」

これが「檜も腐る 檜神話の終焉」「0軒住宅の雨漏り問題」と日経ホームビルダーで取り上げられ始めた。

ようやく真面な方向に向き始めたか。

 これから夏本番ですね。暑さ厳しき折り、くれぐれもご自愛ください

 

山尾工務店 広島 木の家 珊瑚の漆喰 自然素材

2020年も半分終わりました

 季節は梅雨ですが相変わらず毎日聞かないことの無いコロナ関連ニュース。連日テレビでは東京都庁と小池知事を見ないことはない。

そこへ生意気で有名な河合夫婦の活躍で最近広島が有名になって来た。

他県の見る広島は広島市。安芸太田町・三原市・廿日市市など殆ど知名度がない場所も河合夫婦の素晴らしい活躍で全国放送。地図での広島県詳細の解説まであって広島県アピールに大貢献。

そのご褒美で何も仕事してないのにボーナス320万円ずつ。それに給料に諸々手当6月だけで河合夫婦1,000万円以上が支給された。

商工リサーチのレポートもコロナ関連倒産が増えて来ているのに上級国民は一般人の事は何の考えないのだろう。

まあこの河合夫婦の活躍で 賭け麻雀の黒川検事の話はどこかに行ってしまった。

安倍さんスキャンダルの火消しに素晴らしい貢献。あ〜あ、、、

ところで「レジ袋使うな」になったがコロナでの不織布マスクは殆どが化学繊維。

使ったマスクの処分はビニール袋に入れてから処分。やはりビニール袋は使う。食品を加工しているパックもやはりプラスチック。

本気で削減するのなら昔の様に量り売りで新聞紙で包んで貰ったらいい。そんな事言ったら衛生面がと言い出す。

今より劣悪な衛生環境で新聞紙に包んで貰って育ったが、私は生きている。

 

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

コロナ騒動から半年

 コロナ騒動から半年。

「手洗い・うがい・ヤクルト」のCMもあるけれどいつの間にか「手洗い・うがい・自粛にマスク」が定着した。

私もエチケットとしてマスク、帰るとまず手洗いをするようになった。まあ当たり前でしょうが。

そんな自粛が言われている中、あろう事か検察ナンバー2が新聞記者と賭け麻雀。びっくりした。

定年延長で渦中の人間が何考えている。しかもマスクもせずに。

おまけに7,000万円とも言われる退職金を出すために官邸が懲戒処分をやめ、訓告処分にとどめ想像もつかない退職金を与える。これではまるで中国。

いつから日本は独裁国家になったのだ。アベノマスクもまだ来ないし、どうしようも無い。

安倍にはとことん呆れた。これじゃ賭け麻雀を認める事になる。

全国の雀荘は「点ピンは合法」と堂々と出せる。警察も取り締まれなくなる。分かっているのだろうか。まあ情けない。

それに「ペンの力」と豪語する新聞記者が賭け麻雀。その記者の名前出さない。朝日・産経はなぜかばう?犯罪者だろう。

ある番組MCが「黒川さん、エリート大学出ているのに賭け麻雀は犯罪かの問題が解けない。高卒の私でもちゃんと解ける」と言ったのは印象的だった。

やはり上級国民は上級国民を助ける。その時だけ収まれば良いと考える上級国民。

このコロナ不況で何千人も死んでいってもよそ吹く風。この国はこれからどうなるのだろう。 

昔の曲で替え歌にすると「♫安倍さん あなた好みに変えるには 嘘で固めた言い訳なのね 安倍さん」40年位前の曲、吉田拓郎の「ドンファン」検索してみて下さい。

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家 新築
 

給食用マスクきませんけど・・

コロナ騒動でマスク着けることが当たり前に。暑くなってきたらどうもうっとうしい。現場はひたすら体を動かしているから息苦しさもある。しかし、ちゃんと外では付けています。ですがマスク不足、政府が言った、全世帯2枚ずつ配布の「子供用の給食用マスク」?がまだ届かないが。不織布マスクはもう出回っている。50枚3,500円。ちょっと高めだがネットでも買える。先日、建築検査機関に用があり行ったら、路上で「50枚3,000円」でマスク売っていた。ホームセンターでも見かける。それなのに緊急事態宣言してもまだ来ない。とにかく無策・無責任・イエスマンと茶坊主官僚の政府。紅茶飲みながら犬と戯れる総理大臣。世の中、失業や倒産の嵐。あまりにも世間ずれしている!国会議員の給料2割減すそうだが、無給にすればいいと思う。10万円給付有るらしいが、国会議員は10万円で何日生活できるか、自分たちで経験してみろ!世間ずれした逆上せあがりの議員たちは世間の苦しみを味合ってみないと分からないと思う。特に風俗店へ行った大馬鹿議員。大逆上せあがりで生意気な広島の恥さらし河井夫婦。過去7年に遡り議員報酬7年分没収、これくらいしないと連中は分からないと思う。配布マスクの予算460億円あったらマスク工場いくつ出来る。試験の為だけの勉強して来た茶坊主官僚にはこんな事を発想出来ないだろうが、、、

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家 新築

自転車は軽車両~萩での出来事~

3月中旬頃、萩に仕事で行った時の事。信号待ちで停車をしていたら

中学生らしき女の子二人がヘルメットをかぶって自転車でやって来た。

横断歩道の手前で自転車を降り、一列で横断歩道を渡り、

そして自転車に乗ってまた一列で行った。

これが本当の自転車のルール。

我が物顔で傍若無人に走り回り、二列三列で走る自転車ばかり。

横断歩道は自転車は降りて渡り、渡ったら一列で左を走る。当然の事。

このルールを知ってる教員は皆無と思ってが、萩にはあった。

ちゃんとしたルールを教えている萩の教育委員会か学校長か。

とにかく褒めたい。萩と言えば幕末の志士高杉晋作の生地である。

それも関係あるのか。とにかく萩の教員を褒めたいGreat!

ちゃんとした教育をしていると思った。

社会に出てデタラメな自転車ルールに染まらないでほしいと思った。

山尾

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

まだ続くコロナウイルス

 テレビでは相変わらず朝から晩までコロナウイルスの話ばっかり。

皆さんも同じだと思います。

呆れかえるのが国の対応。

「検査人数が1日9人。少ないのは検査の報告が地方から上がってこないから」と言い訳するが、

和歌山だけの報告でも1日20人、多い日は120人。国に報告しているのにこの有様。

まるで人ごと。危機感が無い霞ヶ関で蔓延したらどんな対応するのか。

あげくの果てに検査の事を聞かれると

「専門家会議の議題に出てないので対応する必要が無い」開いた口が塞がらない。

試験の為だけの勉強している連中の世間知らずをさらけ出したと思う。

それにこの騒動で民間のセミナー・説明会などはことごとく中止になった。

だが、国土交通省・環境省・経済産業省連携のZEH合同説明会は予定通り行う。

やはり世間ずれしてる。何かあっても責任はうやむやにして言い逃れるから大丈夫。

下々は言う事を聞くと思ってる。世間知らずの官僚の思い上がりか、また安倍さんの国会答弁。

発表はいつも下を向いて官僚の文書を棒読み。自分の言葉は言ってない。

文書を棒読みするのなら、官僚に読ませておけば良い。

情けない。だから世界から揶揄される。もう先は無いかな。

次は誰がやる。どうも力量不足・・・

民主党の時みたいな先の見えない暗黒時代にはなってほしくない!

 

 この騒動で各メーカら、納期回答が出ない連絡がきています。

殆どの製品が不可。国産は一応あるが部品の在庫次第。

大変な事態。現実的にマスクがない。

皆さんもお分かりだと思います。

世界の工場、中国がストップするとこうなる。

脱中国、言ってはいるが中々進んでいない。

早く収まってほしいと思っています。

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

2月ですね

 旧正月も過ぎ新年が始まりましたが、巷ではコロナウイルスで大騒動。

中国人旅行者が激減している。旅行するのなら今がチャンス?

旅館はキャンセルで空いているし何より人が少ない。

なにより安く泊まれるチャンスかもしれない。

 そう思っても山尾工務店も毎年恒例の年度末の大騒動。

どの業界も蜂の巣を突っついたような状態。到底旅行なんか行かれはしない。

春頃には仕事が落ち着くが、

その頃はコロナウイルス騒動も落ち着いて中国語であふれかえっているのであれば、

やはり落ち着いて旅行に行くのは無理か。

国際的な緊急事態となったが、終息に向かうのが早ければ良いが。

 このコロナウイルス騒動での武漢からの帰還者に8万円請求するし、

隔離施設が相部屋だの国は何を考える!

650人x8万円=5,200万円。

訳の分からない「桜を見る会」に5,800万円。

それくらい国が出せ!それに隔離施設は国の研修所とか。

少しは現実を見る目を国には持ってほしい。

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

おやじの休日

 暑いと言っていたら、急に肌寒くなって今年もあと半月。一年が早い。

 私の休日。年末年始と11月20日の本恵比寿なので、20日は休みと言ってもやはり朝から電話。

昔は、「本恵比寿に仕事したらいけん」で、昼頃に熊手買って昼から同業者と夜まで宴会。

携帯の無いときなのでこれが出来ていました。今は何処に居ても電話が・・・。 

熊手を買って「今日は休み」と自分に言い聞かせてはみたものの、

「昼から何しよう?」

そして「出雲じゃ今は神在月」で出雲大社に行って来ました。

4年前は駐車場もいっぱいで混み合ってたが、何か人が少ない。

外国語もあまり聞こえてこない気がする。なんだか落ち着くような気がしました。

 帰りは9号線を浜田方面へ。所々山陰道が出来てましたが、ナビには無い道。

無料なので乗ってみたが、国道とあまり変わらない。

元々9号線は信号が少ない「死の9号」の威名。

そういえば庄原から三次に高速で行ったら地元の人に

「高速走っても国道と変わらない」と言われたの思い出しました。

帰りも何件か電話が・・・こうして休日が終わりました。

 来年の恵比須講に向けて、またがんばります。

 

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

精進料理について考える

 葬儀があったので精進料理について考えてみました。

動物性の物を使わない、食べないですが 「殺生しない」らしい。

“食べる”という事は生きてるものの命を捕るからいけない。

坊さんが言うにはこのようだ。

動いてるものはいけないが、動かない植物は食べても良い。

「一寸の虫にも五分の魂」動物には魂があるので精進料理には出さない。

だったら植物には魂が無いのか。

クラシックを流したら成長が良くなった。こんな事もあるようなので植物にも魂はあるのじゃ無いだろうか?

どちらも生命体です。

次世代のために実ったを刈り取られる。動物にしたら出産準備が出来た時に刈り取られる。

花にしたら一番きれいに咲き誇った時に刈り取られる。

これは人間だったら一番輝いてた青春時代に刈り取られる。

その花を仏壇に供える。見方変えたら、まあむごい事。棺に花を入れる生贄のお供。

昔、権力者埋葬にお供の人間入れたらしい。

「土の中から多くの泣く声が何ともむごい」で埴輪を入れるようになったと聞いた。同じような事か?

あるお寺の工事で、「殺生はいけないので境内では蚊が止まっても殺さず吹き飛ばすように」

とあったが歩くだけで蟻も踏むし、息すればバクテリアも吸い込む。

見える事だけがはたして?結局生きて行くためには他の命をいただく。

そう思うと精進料理は単なるパフォーマンスになるのか?

 

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

  • 資料請求
  • お問い合わせ