整理収納

のんびり整える ~動作から導く~

 
 

のんびり整える ~動作から導く~

お世話になっております!

今日は中秋の名月みたいです。

夜に見上げてみようと思います。

今回は動作から導く収納の工夫です。

動きやすい動作というものを考えながら

収納の位置を決めていくことが大事です。

収納しやすい高さは身体のストレスがかからない

順番があります。

当たり前のようなことですが

人の動作は中段>下段>上段の順が取りやすく

置きやすいとされています。

今回は押し入れを例にしてみました!

もちろんみなさんのライフスタイルが違うので

クローゼットの方も中段>下段>上段の順番

で工夫してみてください(^^)

森北

 

のんびり整える ~グルーピングする~

のんびり整えるくらし ~グルーピングする~

 

複数で一つの仕事をしてくれるモノを「グループ」にします。

かごやジップロックを使って「グループ」をまとめます。

それをグルーピングといいます。

例えば・・・

一家にハサミが何本もあったりしませんか?

各グルーピングしてそれぞれの仕事をしてもらえる

ハサミとして生まれ変わると思います。

生活スタイルでいろんなグルーピングができると思います。

何よりもモノの指定席をつくってあげることが大切です。

 

例えば・・

【ゴミ出しセット】 

ビニール袋・ガムテープ・ハサミ・ゴミ出し日程表

【手紙セット】

 便箋・葉書・切手・のり・ペン

【慶弔セット】 

のし袋・筆ペン・数珠・ふくさ

【お墓参りセット】 

ろうそく・線香・ライター・ハサミ・新聞紙

 

参考にしてみてください

 

森北

 

 

のんびり整える

のんびり整える

山尾工務店発の紙媒体のニュースレターを

3か月に一回、発行しています。

いままで書いた整理収納コラムを

ちょっとずつですが、HPにも掲載します。

よろしくお願いいたします。

実は、整理収納コラムを書こうと思ったきっかけ

がありました。

本屋で出会った女性のお話をしたいと思います。

 

整理収納本のコーナーで本を見ていたら

70歳代くらいの女性が話しかけてこられて

「この本良かったわよ~。」とおすすめして

くださったのをきっかけに話しが弾みました。

広島市内に住む娘さんに誘われ福山市の家を

引き上げ、一緒に住み始めたのだと。

土地勘もなく友達もいないので、いつも

ショッピングモールの本屋に来ているとのこと。

引っ越しの時、ずっと住んできた家の

趣味だった手芸用品や思い出のタンスなど、

捨てすぎて後悔されていました。

「断捨離って言葉はいじわるよね」って

おっしゃった時、収納の勉強で先生が言っていた

ことを思い出しました。

それは「捨てることだけが大事ではない。

捨てすぎて買い足すことが一番の失敗例」

娘さんに置けないからと、荷物を最小限にしたそうです。

ちょっと切なくなりました・・・

さみしげな女性を見て整理もやり方を間違って

しまうと、元気がなくなってしまうなんて、

これは良くないことだと思ったんです。

精神的に晴れ晴れするであろう断捨離も、

その女性にとってはいじわるな言葉になって

しまったのですね。

また手芸されたらどうですか?と話をしたら

やっぱり手芸したいわって。

好きなことをして、好きなものに囲まれる

のも大事ですよね。

断捨離もほどほどにしたいものです。

ゆっくり自分のペースでできることが大切です。

自分の意思で手放すこと。これが一番重要です。

次回から早速簡単なアイディアや考え方を

ほちぼちあげます。よろしくお願いいたします(^^)

森北でした。

 

 

 

 

  • 資料請求
  • お問い合わせ