山尾工務店のブログ

無名 vs 有名

地元の工務店と、大手ハウスメーカーは

同じ「住宅」という商品をお客様に提供しているものの、

そのあり方は大幅に違うものがあります。

かたや、全国的に無名の企業でブランド力がなく、

一方は、全国に支店を持ち、派手に広告宣伝を打ってブランドの浸透に力を注いでいます。

 

他の業界でこの構造と似ているものを例にあげてみましょう。

化粧品なら、宣伝をしないけれど良質な原料を使う小さなメーカーと、

CMや雑誌で大々的にファッショナブルな宣伝をし、流行を牽引する大手メーカー。

教育産業では、先生が一人で開いている町の小さな学習塾と、全国展開している大手塾や予備校。

電気販売業では、地元の電気屋さんと、有名な電気街や国道沿いにある全国チェーンの大型電気販売店。

などが挙げられます。

 

小さな化粧品メーカーや、学習塾、電気屋さんには、それぞれ需要があって成り立っています。

もちろん、大手ならではの設備や組織、品揃えには叶いませんが、

ノウハウはそれぞれに培ったものがあり、それを支持する顧客がいるわけです。

 

また、小さな組織の最大の利点は、

大手には手のまわらないきめ細かい対応ができる、ということにあるといえるでしょう。

例えば、家の電気製品が壊れたとき、すぐにとんできて修理をしてくれるのは、

大手家電販売店ではなく、地元の商店街の電気屋さん、という具合です。

 

工務店と、大手ハウスメーカーの図式も、これらのことが当てはまるのではないでしょうか。

それぞれに優れた点があり、

お客様は自分の好みや予算に応じて、数ある会社の中から一社を選んで、夢のマイホームをつくるわけです。

 

工務店とハウスメーカーの特徴をよく知って、

悔いのないよう、納得できる家づくりを目指したいものです。 

  • 資料請求
  • お問い合わせ