山尾工務店のブログ

現場監督から見えてくるもの

現場見学会に参加するときに注目してもらいたいのが、現場監督です。

現場監督の役割は、現場を管理し、期日までに家をお客様に引き渡すことです。

家づくりには、多くの工種の職人・業者が出入りして施工を行います。

現場監督はその人たちをまとめ、段取りをつけて指揮をする重要な役割です。

 

具体的には

・施工図の確認

・工事の段取り、工事中の現場管理(図面通り現場が進んでいるかをチェックする)

・実行予算の管理 

・工程表の作成  

・アフターサービス などが挙げられます。

 

このような重要な任務を負う現場監督ですが、特に必要な資格はありません。

建築士免許(1・2級)、施工管理技師免許(1・2級)を持っていることが望ましいのですが、

住宅会社の現場監督という人は、若い人が多く、これらの資格を持っていないことが多いのが現状です。

監督という言葉から、ある程度キャリアを積んだ人が想像されます。

しかし、実際は若い人が多いという理由の1つに、「住宅会社の花形は営業マンである」ということがあります。

現場を格下に見る風潮があるため、現場監督の職は比較的つきやすいものとなり、若い人材が多くなるのです。

 

会社によって違うので、一概には言えませんが、一人で5棟〜10棟を担当しているのが平均的と言われています。

ですから、1つの現場に常駐していることはまずありません。

現場見学会で現場監督に会えればいいのですが、

もし会えなかった場合は、住宅会社の社員に、どんな人が現場監督をやっているのか聞いてください。

できれば、工事の現場で会わせてもらい、実際に話をすることをおすすめします。

あなたの家づくりに関する熱意を、現場監督に話してみて、その反応を確かめてください。

 

現場を管理する監督が頼りない人だったり、約束を守らない人だったりするとうまくいきません。

年齢が若くとも、きちんとした会社ならば、監督への教育もできています。

あなたの話にも、誠実に応じてくれることでしょう。

実際に話すことで、こちらの熱意を理解してもらい、監督のやる気を引き出すこともできます。  

 

家づくりは、現場が命です。現場監督について知ることは、住宅会社選びの大きなポイントになります。

山尾工務店 広島 珊瑚の漆喰 自然素材 木の家

  • 資料請求
  • お問い合わせ