山尾工務店のブログ

備えあれば憂いなし…家族もマイホームも守る!

竣工後も引っ越し費用など、何かと現金で支払う部分が多く、

手持ち資金が不足がちになることも少なくありません。

「損害保険までは支払いが回らないから…」と後回しにしたいところですが、

マイホームを守る損害保険への加入は外せない部分です。

 

火災や地震などの災害で万が一のときには、

損害補償を受けることで被災した後のダメージを軽減して、

安定した家族の暮らしを守ることができます。

損害保険には補償される災害や補償範囲が異なる、

「住宅火災保険」「住宅総合保険」「地震保険」の3種類があります。

それぞれ戸建て用や集合住宅用などの建物の種類に合わせたものや、

傷害保険の特約が付くものなど、さまざまな保険があります。

 

また、住宅ローンを組んでいる場合には、

融資条件から住宅火災保険や地震保険にすでに加入している場合もあります。

加入内容と期間を必ず確認しておきましょう。

火災保険では建物のみや、住宅ローンの全返済期間加入するのに対して、

地震保険は短くなっている場合もありますので確認しておくと安心です。

地震による火災は、火災保険では補償されない!?

住宅ローンで加入する火災保険は、建物の補償のみというのが多いようです。

その場合には、家財保険への加入も検討したいところです。

また、3種類ある「住宅火災保険」「住宅総合保険」「地震保険」は、それぞれに補償範囲が異なりますので、必要な補償を考えたうえで加入しましょう。

また、地震によって起こった火災の場合は、

火災保険では補償されませんので、地震保険も併せて加入するとよいでしょう。

【住宅に関わる損害保険の種類と特徴】

・住宅火災保険
建物と家財をメインにした最もポピュラーな住宅用火災保険です。
補償範囲は、火災のほか、風、ひょう、雪災、落雷、破裂・爆発、消化活動による水漏れ・破損、残存物片づけ費用など。
 
・総合住宅保険
住宅火災保険の補償に加えて、外部からの落下や衝突、
給排水設備の事故による水漏れなどの損害を総合的にカバーします。
 
・地震保険
火災保険に付帯して加入するもので、単独加入はできません。
補償範囲は、 地震・噴火・津波による火災・損壊等の損害です。

  • 資料請求
  • お問い合わせ