山尾工務店のブログ

工務店が施工する木造軸組工法

家の建て方には、様々な工法があります。

木造建築だけでも、軸組工法、ツーバイフォー、木質パネル工法などがあり、それぞれ特徴があります。

さらに、鉄筋コンクリートや鉄骨造りなども選択肢に入れると、どれがいいのか迷ってしまうことでしょう。

 

しかし、湿度の高い日本の気候に、断然マッチしているのは、木造建築です。

木造建築の工法は、住宅会社によってかなり違いがあります。

木造軸組工法は、家づくりの最も基本的な工法で、在来工法とも呼ばれています。

基礎に木の土台を乗せ、その上に木の柱を立てて骨組みを作り、 筋交いなど斜めに入れた木材で、骨組みを補強しながら、頑丈な家を作っていきます。

工務店では、ほぼ100%、木造軸組工法を採用しています。

これに対して、大手ハウスメーカーは、ほとんどがツーバイフォーを採用しています。

 

木造軸組工法は日本で生まれ、古くから使われてきた伝統的な家の工法であり、ツーバイフォーは北米で生まれた工法です。

弊社は木造軸組工法で行っており、出来上がった家はやさしい木の香りに包まれています。

木で作られた家なので、言わば、暮らしながら森林浴をしているかのような心地良さが味わえます。

職人が一本一本、吟味された木材を使い、 昔から伝承された技で組み立てていきます。

柱と梁で構成されているので、他の工法に比べて設計の自由度が高く、増改築が容易にできるという長所もあります。

職人の技が最も生かされる工法なので、工務店は、ベテランの職人や、腕のいい職人をかかえています。

工務店で家を作った人の満足度が高いといわれる理由は、こういう点にもあるのでしょう。

現在では、木材の加工技術もレベルアップし、今まで以上に耐震性、耐久性に優れた木材もあります。

先人たちが知恵を絞り、現代に伝えてきた「経験の積み重ねによる改良」がまさに生きている工法、と言えるでしょう。

  • 資料請求
  • お問い合わせ