山尾工務店のブログ

デザインとは何か?

 20年も前の事です。建具屋が作る製作建具から既製品へ変わり始めた頃の事の話。

ある建設会社の社長が「既製品建具の吊り込み、建具屋に頼んだら金がかかる。大工が吊り込んでくれ」

しかし建具屋が金取るのなら、大工が吊っても金がかかる!まあ当然の事。

 大工にやれせればタダだと思っている。その現場限りでその会社と付き合いをやめました。

 今月の小言はここから。今流行りのデザイン系設計事務所からかなり凝ったカウンターの依頼。

「家具屋に作らせたら予算オーバーのため大工が作って出来ない所だけ家具屋に作らす」と言ってきた。

さっきの話と一緒で“大工にやらせたらタダ“と思っている。いい加減にしろ!大工を馬鹿にしとるのか!

その前に予算に合うデザインするのがお前らの仕事。過剰なデザインをシンプルにし、高額すぎる材種を一般材ににする、それだけで随分コストダウンになるがそれが出来ない。しようともしない。

「自分は先生だ」周りから言われて勘違いしている。以前書いたが自己中の安藤忠雄を”教祖“とする自称デザイン家たち。

現場のことは何も知らず、納まりは何も分かってない。自己満足だけで人を振り回す最悪な連中である。はっきり言ってこんなの要らない。

世間じゃデザイン住宅。人と違う事をすればデザイン家。馬鹿馬鹿しい。さっきの設計士は構造の質疑を上げたら「後日返答する」と言ってきた。即答できず構造を知らない人間の言う通りに作るとそこら中が不具合になる。

 これがデザイン系1級設計士。殆どの1級建築士は試験の為の勉強しかしていない。

だから実際の現場が分からない。細部などもってのほか。こんな奴らがテレビで喚くからデザイン家が凄いと思われる。まあ情けない世の中です。現場で汗を流せ。

 じゃあデザインとは何か?『使い勝手の良い住みやすい家』がデザイン住宅です。うけ狙いの自称デザイン住宅は格好ばかりの住みにくい単なる『倉庫』です。今回もまた血圧があがった・・・

  • 資料請求
  • お問い合わせ