山尾工務店のブログ

家の骨組みのおはなし その2

家の骨組みのおはなし その2

小屋組と横架材について

以前、家の骨組みについてブログを書きました。

前回のブログはこちらから【家の骨組みのおはなし その1】

今回は小屋組と横架材について書こうと思います。

小屋組

屋根面に作用する力や屋根の荷重を柱や壁に伝える構造体のことです。

構造的に、棟木は母屋と共に屋根の荷重を、

小屋束から梁へ伝える役目を果たしています。

火打ち梁は、地震や台風時に発生する水平力による変形を防止するために設ける斜材です。

また、1階の床に設けるものを「火打ち土台」といいます。

 

横架材

建物の梁・桁・土台など水平方向に架ける構造材のことです。

  • 資料請求
  • お問い合わせ