2021年04月

家ができ上がるまで「地盤調査〜土台」

家ができ上がるまで「地盤調査〜土台」

こんにちは

今回から「家ができるまで」の話を

簡単にですが時々ご紹介しようと思います。

家ができるまでに様々な流れや、

内装にもたくさん種類があります。

今日は、家を支える土台についてまでです。

家ができると見えない部分なので、家づくりの最初の時にしか見られません。

順を追って説明します!

 
 
①地盤調査
 
まず家を建てる前に土地の調査からです。
地盤が緩ければ杭を打つなど、
地耐力を確定するために調査します。
 

 
②基礎
 
次はコンクリートを流して型を作っていきます。
建物からの力を地盤に伝え、
建物を安全に支える機能を持ちます。
 
 
③炭塗り
 
防蟻・防腐のために炭を塗ります。
弊社が使っている塗料(レーベンキュアー)は
人体に影響がなく、
環境に優しい塗料です。
簡単な作業なので、
施主さまも一緒に塗ることもできますし、
思い出に手形を残すこともできます。
 
炭塗り後は建物の床下換気のために、
基礎と土台の間にパッキンを敷きます。
 
④土台敷き
 
建物の柱や梁をする上棟前に
その土台となる木を組んでいきます。

 

家ができるまでにはいろいろな業種さんと一緒に作っていきます。

次回もお楽しみください^^

山尾工務店 広島 木の家 珊瑚の漆喰 大工と共につくる家づくり

さんびオリジナルハウス 東広島市八本松町 プレハブ倉庫の移動

さんびオリジナルハウス 東広島市八本松町 プレハブ倉庫移動

お世話になります、森北です。

地鎮祭が無事終わり、早速始まりました。

もともと農地でそのままになっていたため

更地にするのがかなり大変そうです。

木を切り、草を抜き、そしてプレハブは

倉庫として既存とのことでしたので

クレーンに吊り下げ移動させる大きな作業となりました。

その時の写真をアップします。

さんびオリジナルハウス 東広島市八本松町

5月に上棟です。

今回も珊瑚の漆喰や、土佐和紙を使います。

木材は外材を使用せず、国産材のみ使用します。

島根県産や広島県産の木は中国地方で建てる家に

合っているからです。

中桁も入れて「背骨のある家」になります。

とても楽しみです。

山尾工務店一同、これから頑張ります!

 

 

さんびオリジナルハウス 東広島市八本松町 地鎮祭

さんびオリジナルハウス 東広島市八本松町 地鎮祭

新しく新築が始動しました。

コロナ禍の中、

施主様とお打ち合わせをし、

弊社で施工させていただくこと、

とても有り難いです。

木材は全て国産を使用になります!

もちろん自然素材も取り入れた、木の香りがある家になりますよ^^

そして先日、地鎮祭が行われました。

無事に地鎮祭を終えることができました。

この土地に2階建ての家が建ちます!

地鎮祭後は、皆さん図面を見ながら

家が建つ場所を想像されたりしていました。

土地には木が生えているので、

家の配置にかかっている木は切っていきます。

そして、帰ろうかとなった時、虹が出ていることに気づきました。

地鎮祭に虹が見られるなんて、幸先いいですね。

無事に家ができるように気をつけて頑張っていきます!

 

山尾工務店 広島 木の家 珊瑚の漆喰 大工と共につくる家づくり

のんびり整える

のんびり整える

山尾工務店発の紙媒体のニュースレターを

3か月に一回、発行しています。

いままで書いた整理収納コラムを

ちょっとずつですが、HPにも掲載します。

よろしくお願いいたします。

実は、整理収納コラムを書こうと思ったきっかけ

がありました。

本屋で出会った女性のお話をしたいと思います。

 

整理収納本のコーナーで本を見ていたら

70歳代くらいの女性が話しかけてこられて

「この本良かったわよ~。」とおすすめして

くださったのをきっかけに話しが弾みました。

広島市内に住む娘さんに誘われ福山市の家を

引き上げ、一緒に住み始めたのだと。

土地勘もなく友達もいないので、いつも

ショッピングモールの本屋に来ているとのこと。

引っ越しの時、ずっと住んできた家の

趣味だった手芸用品や思い出のタンスなど、

捨てすぎて後悔されていました。

「断捨離って言葉はいじわるよね」って

おっしゃった時、収納の勉強で先生が言っていた

ことを思い出しました。

それは「捨てることだけが大事ではない。

捨てすぎて買い足すことが一番の失敗例」

娘さんに置けないからと、荷物を最小限にしたそうです。

ちょっと切なくなりました・・・

さみしげな女性を見て整理もやり方を間違って

しまうと、元気がなくなってしまうなんて、

これは良くないことだと思ったんです。

精神的に晴れ晴れするであろう断捨離も、

その女性にとってはいじわるな言葉になって

しまったのですね。

また手芸されたらどうですか?と話をしたら

やっぱり手芸したいわって。

好きなことをして、好きなものに囲まれる

のも大事ですよね。

断捨離もほどほどにしたいものです。

ゆっくり自分のペースでできることが大切です。

自分の意思で手放すこと。これが一番重要です。

次回から早速簡単なアイディアや考え方を

ほちぼちあげます。よろしくお願いいたします(^^)

森北でした。

 

 

 

 

お寺の鐘つき堂 上棟 広島市佐伯区湯来町

お寺の鐘つき堂 上棟

先日、お堂の上棟を行いましたが、

今回は鐘つき堂の棟上げを行なっております。

新築の住宅と比べ規模は小さいですが、

大きさ関係なく、大事に建てていきます。

天気もよくてよかったです。

無事に鐘つき堂ができるよう、

職人同士、力を合わせて頑張っていきます。

お堂は瓦が葺かれ、屋根の構造が見れました。↓

山尾工務店 広島 木の家 珊瑚の漆喰 自然素材 大工と共につくる家づくり

憧れて取り付けた食器洗い機が水切りかごに

憧れて取り付けた食器洗い機が水切りかごに

せっかくの新しい家だから、

設備は最新のものを取り付けたいと考える方も多いでしょう。

後片付けしなくてすむ食洗機は主婦の夢。

 

ところが、

ある人は長年自分の手で食器を洗う習慣が身についているので、

新居にせっかく取り付けた食洗機は1、2回使っただけで、

無用の長物になってしまったそうです。

 

「あったほうがいいかも」「今の流行だから」

という理由でこういった内部設備の設置を決めると、

結局使わずじまいということになりかねません。

自分の暮らし方から見て、

本当に必要な設備機器を選びたいものです。

 

床暖房、浴室暖房乾燥機、キッチンの足元暖房、

24時間風呂、ディスポーザー(生ゴミ処理機)、

乾燥機能付き暖房洗浄便座など、

最新の設備機器には便利なものがたくさん発売されています。

自分のライフスタイルと相談しながら、

上手に取り入れるようにしたいものです。

 

広島 木の家 珊瑚の漆喰 大工と共につくる家づくり 自然素材のことなら山尾工務店にご相談ください

4月になって

4月になって

広島市内 平和大通りの夕暮れ時(2021年3月26日)

 

どうも、森北です。

久しぶりのスタッフ日記です。

この記事のため、桜の写真を撮りに

会社帰り、寄り道(^^)

夕暮れ時でとてもきれいでした。

今年はあっというに咲き、あっという間に終わって

しまいましたね。

一年前まで余裕がなかった自分を思い出しました。

長女が去年春に大学で家を出てから、

いろんなことが変わり、時間に余裕ができました。

二女も高校生になるので、家にいる時間が少なくなる

んだろうなと思います。

気付くと自分をあまり大事にしてこなかったので

自分のメンテナンスをしながら

これからやりたいことを整理していこうと思います。

 

 

5月は新築工事が始まります。

今回は東広島市八本松町にて上棟を行います。

農地を転用し住宅地にするための時間がかかりました。

行政も広島市とは違いますし、色々と

前に進まないことも多く覚悟をしています。

珊瑚の漆喰や無垢材を使用した「さんびオリジナルハウス」

自然素材空間で深呼吸をしたくなるそんな家を

施主様とともに家づくりをする中で、

たくさん勉強させてもらおうと思っています。

森北

  • 資料請求
  • お問い合わせ