2020年02月12日

半自然素材の家で気づいたこと

半自然素材の家で気づいたこと

どうも、黒田です!

今年は新居で初めての正月でした。

コンクリートに囲まれたマンションに別れを告げて、

ZEH仕様の木造住宅で過ごす冬がどれほど違うか感じたことをかこうと思ったのですが、

今年は基本的に暖かいので当たり前のように昨年の冬よりとても暖かく生活できています。

うちの家は予算の関係もあって完全に自然素材ではありません。

よく言えば適材適所に仕上げを変えています。

例えば脱衣所は湿気が充満しやすいので、壁には珊瑚漆喰を使用して、

その他は和紙やビニールクロスにしました。

床も基本的には無垢のフローリングですが、

水回りには水回り対応の既製品のものを使用しています。

松のフローリングと既製品のフローリングを歩いて比べると

松のフローリングの方が暖かいので冬でも過ごしやすいです。

楢のフローリングと松のフローリングを比べると松のフローリングが暖かいです。

ですが松のフローリングはうちのちびっこモンスターの仕業で所々凹んでいます。

暖かいけど柔らかい分傷や凹みも付きやすいです。

無垢のフローリングは材種によって

見え方や質感も変わってくるので部屋の用途で貼り分けるといいと思います。

既製品のフローリングも無垢のフローリングに見劣りしない柄がいろいろあるので好みで選ぶといいと思いますよ。

いろんな人のおかげで快適な正月を過ごせました(^^)  

また、ZEHの家、半自然素材の家で気づいたことがあれば書いていくのでよろしくお願いします。

山尾工務店は自然素材が売りですが、予算に合わせて半自然素材もOKです。

良いとこどり、かつ予算内に納得のいく家を造りましょう。

山尾工務店一同臨機応変に対応します!(^^)! この冬1回ぐらい雪をみたい黒田でした。

2月ですね

 旧正月も過ぎ新年が始まりましたが、巷ではコロナウイルスで大騒動。

中国人旅行者が激減している。旅行するのなら今がチャンス?

旅館はキャンセルで空いているし何より人が少ない。

なにより安く泊まれるチャンスかもしれない。

 そう思っても山尾工務店も毎年恒例の年度末の大騒動。

どの業界も蜂の巣を突っついたような状態。到底旅行なんか行かれはしない。

春頃には仕事が落ち着くが、

その頃はコロナウイルス騒動も落ち着いて中国語であふれかえっているのであれば、

やはり落ち着いて旅行に行くのは無理か。

国際的な緊急事態となったが、終息に向かうのが早ければ良いが。

 このコロナウイルス騒動での武漢からの帰還者に8万円請求するし、

隔離施設が相部屋だの国は何を考える!

650人x8万円=5,200万円。

訳の分からない「桜を見る会」に5,800万円。

それくらい国が出せ!それに隔離施設は国の研修所とか。

少しは現実を見る目を国には持ってほしい。

  • 資料請求
  • お問い合わせ