2019年07月10日

現場見学会に参加しよう

工務店とハウスメーカーの違いなどの会社を選べばいいのか、迷う人がたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人に、重要な情報がたくさん得られる場所、それが建築途中の現場見学会(構造見学会)です。

その会社が手がける建築現場を実際に自分の目で見て確かめることは、

モデルハウスを見るよりもずっと現実的で役に立つ場合が多いことでしょう。

 

でも「現場を見ても素人には良し悪しが判断できない」「専門家を相手に、何を質問すればいいの?」 と不安に思う人もいるかもしれません。

ご心配なく。現場見学会に参加するからといって、専門的な質問を用意する必要はありません。

勉強していくのはいいことですが、付け焼刃的な知識をつけても、百戦錬磨の専門家にはかなわないものです。

ただダラダラと見学することのないように、以下のチェックポイントを参考に、その会社の雰囲気を感じ取ってください。

車の置き方や、ゴミの出し方に配慮がされているか。
資材などがきちんと整理整頓されているか。
現場に吸殻や空き缶が散らばっていないか。
営業マンと施主との会話は、なごやかであるか。

建築の専門的なことはわからなくても、これらをチェックするだけで、何らかの情報が掴みとれることでしょう。

なお、建築現場の見学会は危険だから行わない、という会社もありますが、そんな会社を選ぶのは論外です。

見学会を行う、ということは、仕事に自信があるからです。

どこを見てもらっても大丈夫、という会社は、信頼できます。

ですから「現場見学会を頻繁に行っている会社」は、住宅会社選びの大事なポイントになります。

  • 資料請求
  • お問い合わせ