山尾工務店のリフォーム

リフォーム
古民家再生
reform-img03

弊社では、「ゆったりスローライフ」を提案しております。
無垢材を使用した「山尾工務店の家づくりのこだわり」はもちろんですが、ビニールクロスや合板も使用したものもお客様のご要望に応じて一番いいカタチになるようご提案します。

「ゆったりスローライフ」を始めませんか?

落ち着いたリビング

自然素材を使った上質な
インテリアによるゆったりした
リビングスペース。

楽しいキッチン

料理を引き立てる天然の
檜壁や会話が弾む無垢の
テーブルがあると楽しい。

結露のない住空間

人が快適さを五感で感じ
られ、結露を防いだ地球
環境に優しい素材を。

よく眠れる寝室

天然素材の調湿性で、
ぐっすり深い眠りを…。

明るい洗面所

毎日必ずつかう空間だから、幸せな朝を演出したい。

五感を刺激する子供部屋

見て、触って、嗅いで、
聞いて、なめて…成長期の
子供に安心の素材を。

地域に溶け込んだ外装

環境にも配慮した、
個性を生かす外観を…。

リフォーム

リフォームとは「住まいの改修」全般を指すものです。
間取りの変更や設備機器の取替え、サッシの取替え、外壁塗装、増築・減築などです。

広い空間をというご要望には、LDKと和室を引き戸で仕切ることで、開けると解放感のある広い空間があり、閉めると和室でゆっくり落ち着けるような施工や、空間を広く感じられる施工、LDKと和室を一体化するなどのご提案が可能です。

明るい空間をというご要望には、廊下等に開口を設けて自然の明かりを取り入れるなど、どんな要望にもお応えいたします。一見洋風な住宅でも、和洋折衷へと生まれ変わる事も可能ですので新たな暮らしのサポートができれば幸いです。

もちろんリフォームではビニールクロスなどを使い、ご要望にお応えいたします。

広島で新築注文住宅やリフォームなら、廿日市市の山尾工務店へご相談下さい。

リフォーム01
リフォーム02
リフォーム03
リフォーム04
リフォーム05
リフォーム06
リフォーム07
リフォーム08

リビング(L)、ダイニング(D)や、キッチン(K)の内装リフォーム

LDK内装リフォーム
LDK内装リフォーム

山尾工務店はLDK内装リフォームにもこだわりをもって施工しています。広島でリビングやダイニングなど内装リフォームなら山尾工務店へいつでもお気軽にご相談下さい。

広い空間に梁や柱を効果的に取り入れ、さらに間取りを工夫することでメリハリのある部屋にリフォーム。 既存の木材を有効に使用し、築80年の日本家屋をモダンな空間に再生。かつて和室があったことを忘れてしまうほど、雰囲気を変えたLDK。畳敷きの小上がりは日中、太陽の日差しが降り注ぐ温かな特等席になります。

戸建て、マンションまで幅広く対応。

戸建て、マンションまで幅広く対応

各お部屋のクロス貼り替え、畳からフローリングへ変更、痛んだフローリングの張替えや、介護に適した床リフォームなど、戸建・マンションにお住まいの方から、マンションオーナーさんまで幅広く対応をします。もちろん、お客様に合わせた金額でリフォーム可能。

結露・カビ対策ができる自然素材を使ったクロス・壁紙の提案、ご家庭の用途に合わせたフローリング・バリアフリーリフォームなど、なんでもご相談ください。

玄関周りや廊下などもお任せください。

玄関周りや廊下は家の中でまず目につく空間です。 寝室や他の空間とは違って、どんなリフォームにすればいいのか、リフォームが必要なのか悩みますが、こんな所はこだわりをもって丁寧にリフォームすれば自慢の住宅になります。

壁紙ひとつとっても住宅にとっては大事なリフォームです。収納スペースを作る玄関のリフォーム、廊下や階段周りのリフォームは当社にお任せください。

水周りリフォーム

水周りリフォーム

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム

「キッチン」は、ご家庭内でも使用頻度が高く、誰もが利用するかかせない空間です。

それだけに汚れや老朽化も早く、日常的に目立ってしまう場所です。キッチンリフォームは、システムキッチンへの取替えが最も多く、無駄がなく取り出しやすい収納や、広々として使いやすい作業スペースなど、毎日快適にお料理するお手伝いをします。あなた仕様の使いやすくて清潔なキッチン、収納が豊富なキッチンリフォームはいかがですか?

「熱や水のムダをカット便利でエコな最新キッチン」

リフォーム時、奥様が一番こだわる空間がキッチン周りです。毎日使う場所なので、便利で使いやすい、自分だけのキッチンが理想です。面倒な食器洗いの手助けをしてくれる食洗機は、システムキッチンに組み込まれたビルトインタイプが人気です。最近のタイプだと、洗浄力は格段に上がり、水の使用量は抑えたものになっているのでお勧めです。また、オール電化にリフォームするならIHクッキングヒーターがおすすめです。高火力で料理が何時でも楽しめるうえ、ムダな熱の発生が少ないので、夏でも涼しく快適に調理できます。

IHクッキングヒーター
IHクッキングヒーター

火を使わない電気熱源のコンロです。磁力線の働きで鍋の底に電流を生じさせ、鍋自体を発熱させる優れものです。熱効率はガスコンロの2倍なのでムダもありません。また、フラットなトッププレートは毎日のお手入れ、お掃除が楽なのも嬉しいですね。

食洗機
食洗機

主婦の関心が高い食洗機。水を循環して使うので、手洗いよりも少ない光熱費・水道費で洗うことができ、下水に流す水も減らせます。最近は手洗いよりもCO2の排出量を年間65%減らせるものが登場するなど、ますます注目の設備です。

キッチンビフォーアフター

お風呂・洗面所のリフォーム

お風呂・洗面所のリフォーム

お風呂は、一日の疲れをとり心身ともにリラックスできる癒しの空間。

少しでも疲れを取るため、そのご要望に沿うように、快適なバスライフを過ごせる充実設備やバリアフリー対応設備が続々と登場しています。

お風呂のリフォームでは、これらの快適設備を上手に使ってお客様好みのバスタイムを演出してみませんか?

「地球にも家計にも優しいスグレモノの給湯器」

キッチンリフォームをされる方、お風呂のリフォームをされる方は、一緒に給湯器の見直しをおすすめ致します。家庭でのエネルギー消費は、大きく分けて3つに分けられます。「冷暖房」「給湯」「照明・家電」です。中でも選ぶ機器によってエネルギー消費が大きく違ってくるのが、「給湯器」といわれています。

現在主流となっているのが省エネで大きなエネルギーを生み出す高効率の給湯器です。空気の熱を利用する「エコキュート」、ガスで発電する「エネファーム」があります。

給湯器

お風呂に湯を溜めたり、食器を洗ったりと、日々の家事を支えている給湯器。毎日使うものだからこそ、少しでも家計に優しい機器を選びたいものです。最近は、従来の給湯器に比べて、効率よくお湯を供給し、電気・ガス代を節約する上に、CO2の排出量も減少させるエコタイプが人気です。

機器によっては国の補助がおりることもあります。
床暖房の導入など、電力・ガスにまつわるリフォームをするなら、家計にも地球環境にも貢献できる給湯器も検討してみませんか?

お風呂ビフォーアフター
洗面所ビフォーアフター

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

毎日何度も利用するトイレは、実は電気やエネルギーを多く使っている場所

最近は水を流す際に掃除機能も兼ねたものや、少ない水を効率よく使う節水を意識したトイレが今注目を集めています。また、タンクレスタイプは掃除がしやすく、空間が広くなります。そして、狭いトイレでも手洗いスペースを工夫しています。

「できない」と言わないをモットーにしているので、不可能と思われる事も可能にできるよう、心がけています。

トイレビフォーアフター

オール電化・太陽光発電

オール電化・太陽光発電

現在の住宅において、安全で経済・環境両面にやさしいくらしのための設備が、日に日に需要を増してきています。生活に必要なエネルギーとして、電気を使うことは、これからの時代の中でとても理に叶っています。当社では、長期的な視点でオール電化の導入アドバイスをさせていただいております。自分のくらしのために、そして、地球に住んでいく次の世代のために、電気を上手に有効に利用し、豊かなくらしを手に入れてる手助けを致します。

オール電化と太陽光発電で光熱費用は削減できる!
オール電化と太陽光発電で光熱費用は削減できる!

新築やリフォームをお考えの方には、オール電化と太陽光発電の併用をお勧めします。月々の光熱費用は、ご家庭にとっては悩みの種であり、少しでも減らしておいきたいですよね。その光熱費用を大幅に安くできるのが、オール電化と太陽光発電の併用です。

オール電化とは家で使うエネルギーを全て電気にするというものです。一般的な電気とガスを併用している住宅では、お風呂などの給湯や暖房などはガスなどを用います。オール電化住宅は、ガスを使わずに全て電気だけでまかなう住宅のことです。

オール電化のメリット

  • ガスの基本料金がなくなる。新築の際にはガス配管工事が不必要。
  • 割安な電気料金コースを利用できる。
  • 燃焼がなく、室内の空気をきれいに保ち結露などの防止にもなる。
  • 料理の際などに火を使わないので、安全である。

太陽光発電とは?

太陽光発電とは?

太陽光発電は、自宅の屋根などに設置した太陽電池で電気を生み出すシステムの事です。太陽光発電で生み出した電気は、そのまま自宅で利用できます。

発電した電気が自宅で使う電気より多い場合は、電力会社に売る(売電)ことができます。生み出した電気よりも自宅で使う電気の方が多い場合は、従来どおり電力会社より供給(買電)できます。

電気代を大幅に削減できる上、うまく発電できれば売電により電気代がプラスになる可能性もあります。また、万が一災害で停電になった時でも、太陽が照っていれば電気を使用することができてとても便利です。

太陽光発電のメリット

  • 太陽光発電を設置すると、地球温暖化の一因といわれている二酸化炭素の排出量が減らせます。
  • オール電化と組み合わせると、発電した電気をさらに有効に使え、光熱費が大幅に節約できます。
  • 昼間発電した電気を使えて、余った電力は売電ができます。

太陽光発電は簡単!

太陽光発電システムの場合、基本的に一度設置すれば、数年おきの点検をする以外、あとは自動運転で日常操作は不要。太陽が昇ると自動的に発電を始め、お昼前後に発電のピークを迎え、太陽が沈むと自動的に発電が止まります。毎日これの繰り返しです。全自動運転なので、留守中でも発電しています。

オール電化と太陽光発電の光熱費用

年月支払い金額売買金額実質電気代
2012年1月10,036円5,418円4,618円
2012年2月10,469円4,353円6,116円
2012年3月8,880円4,828円4,052円
2012年4月5,976円5,107円860円
2012年5月4,707円4,749円42円
2012年6月3,215円5,637円2,422円
2012年7月4,162円3,332円830円
2012年8月4,978円6,581円1,603円
2012年9月3,894円4,803円909円
2012年10月3,999円4,915円916円
2012年11月4,473円5,164円691円
2012年12月5,971円3,027円2,944円
1年間トータル70,751円57,914円12,837円

月平均にすると、1ヶ月1,070円の電気代!!
この表は、あるオール電化と太陽光発電の併用されているご家庭の毎月の電気代の表です。
これをみると、いかにオール電化と太陽光発電の併用が経済的がわかりますね。

オール電化導入の初期費用は?

オール電化を導入する場合の初期費用は内容により様々でなかなか一言では言えません。
オール電化導入を検討している方は、一度、山尾工務店へお問い合わせ下さい。
また、助成制度のある自治体もあります。
山尾工務店は助成制度に詳しいスタッフがいますので、ご検討の方は、お気軽にご連絡下さい。

外壁リフォーム

外壁リフォーム

塗装って、ただ塗るだけだと思っていませんか?

実は塗装は建物にとってもとても重要な役割をもっているのです。たかが塗装、されど塗装。
大切な建物で長く快適に暮らすためには、塗装はとても重要なのです。

外壁塗装・屋根塗装の必要性

塗装をきちんとしないと、建物が壁から傷んで劣化してしまいます。

外壁塗装・屋根塗装の必要性

基本的なことですが、とても大切なことです。 塗装をすることと、女性がお化粧をすることは同じことです。 

建物は日々雨や、紫外線、排気ガスなどに汚され傷つけられています。塗装をきちんとして、定期的なメンテナンスを行なわないと、結果的に大事な建物に住めなくなってしまう恐れも大いにあります。

外壁塗装や屋根塗装はもちろんキレイに保つ(美観)目的がありますが、実は塗装工事の本来の目的は、

「建物の寿命の伸ばす&二次被害を防ぐ」、この2点です!

皆様、塗装の本来の目的は、建物を防水して、建物の寿命を延ばすことが目的なのをご存じですか?
塗装を軽視してしまうと、外壁のひび割れや塗膜の劣化により、外壁や屋根から雨水が入り、大事な柱が腐ったり、シロアリの巣になったりと、二次被害の恐れが高まります。

ここで簡単な建物のチェック方法をご案内致しますので塗装のタイミングの参考にしていただければ幸いです。

外壁&屋根の 簡単なチェックはコチラ

外壁塗り替えのサイン

外壁塗り替えのサイン
外壁塗り替えのサイン
外壁塗り替えのサイン

ツヤが無くなってきた / 色が褪せてきた / 触ると手に粉が付く / 汚れやひび割れ、剥がれが目立つ

モルタル外壁にヒビが目立つ、またカビがはえている際は外壁の塗り替えのタイミングです。また、サイディング外壁に手で触って白い粉がつく場合、それは表面塗膜(チョーキング)なので、塗替えのタイミングと考えます。

屋根の塗り替えのサイン

屋根の塗り替えのサイン
屋根の塗り替えのサイン
屋根の塗り替えのサイン

屋根が白っぽくなっている / カビやコケがはえてきた / 錆

セメント瓦屋根が白っぽくなっている、コロニアル屋根にサビがある。この場合は、屋根の塗り替えが急務です。

環境に合った塗装

外壁塗装は、塗料で性能、耐久年数が違います。

環境に合った塗装

どの塗料を使えば良いかお悩みではありませんか?

塗料には様々な種類の塗料があり、1つ1つに特徴があります。『じゃあ何を基準に選べば良いか』となりますよね。 建物の状況や現状の悩み、今後の計画や経済性など多くの基準がありますが、家を長持ちさせるには「耐久性」が高い塗料を使うのが一番の近道です。下記の表をご覧下さい。

一回の塗替えコスト
光触媒(耐久性の目安 約10年~)
特徴: 汚れ防止を優先する方にオススメ。太陽光と雨の力でセルフクリーニング効果があり、環境に優しい。
デメリット: コストが高めで、光が当たらない場所は、効果が薄くなる。塗膜が硬いため、モルタル壁にはオススメしません。
ピュアクリル(耐久性の目安 約10年~)
特徴: 高耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を有している非常に優れた塗料。
デメリット: トータルメリットは大きいがコストは高め。純度の高い樹脂を使用した水性塗料の為、冬場の施工は工期がかかる。
フッ素(耐久性の目安 約10年~)
特徴: 耐久性を優先する方にオススメ。長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐久性において最高レベル。
デメリット: コストが高めで塗膜も硬い物が多く、ひび割れしやすいので注意が必要です。
シリコン(耐久性の目安 約7~10年)
特徴: 価格と機能のバランスが良い塗料。カラーバリエーションも豊富。
デメリット: 次の塗り替え時期までの十分な耐久性がなく、建物を守り続けるのに不十分な場合もある。
ウレタン(耐久性の目安 約5~7年)
特徴: 一般的によく使われる塗料で価格と機能のバランスが良い塗料。
デメリット: 耐久性が劣るので長期的な外観保持には不向き。
アクリル(耐久性の目安 約3~5年)
特徴: 値段が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。
デメリット: 耐久機能が有効な間は防水機能があるが、外壁を保護する塗料としては、オススメできない。

塗料の樹脂(素材)だけでもこれだけの種類があり、耐久性の目安もバラバラなことがわかります。
例えば、アクリル塗料だと1回の塗り替えにかかるコストは安いものの、耐久性が約3年から5年とかなり低いです。
また、一方で光触媒など耐久性の高い塗料は耐久性の目安は10年以上と長持ちしますが、1回の塗り替えにかかるコストも高めなのが特徴です。

広島県廿日市市の山尾工務店は、住まいごとに合った最適な塗料をご提案できる住まいの専門家です。
広島で屋根・外壁塗装や塗り替えなら廿日市市の山尾工務店へおまかせください。

古民家再生

古民家再生

古民家に使われている古材は、一般的には、築50年以上経った建物から取り出された材とされています。そこから推測すると50年以上経った建物を古民家と呼んでいます。また、古民家は全体を再生して建て直されることもあり、古民家を解体したり、昔の木材を使用して建てられた古民家風のものや、構造をしたものも古民家と呼ぶ場合もあるようです。古民家には、農村民家・町民民家・武家民家・庄屋屋敷などいろいろなタイプがありますが、それぞれの生活習慣を感じられる味わい深い良い住宅が全国 でまだまだたくさん残っています。長い歴史を経た古民家には太い梁や大黒柱などは黒光りしていて重厚で風格ある古材が沢山残っており、価値の高い文化財だと思います。

大きく張り出した軒の出は夏の日差しを遮り、冬は建物の奥まで日の光を届ける大変合理的な日本の気候風土に合った構造になっています。 これらの昔の人の知恵の結晶が古民家なのです。古民家に使われている古材には、ケヤキやサクラ、栗、ヒノキなど実に多様な樹木が使われています。

囲炉裏の煙でじっくり燻された古材は表面にススがつき大変味わい深い色になっていると共に防虫の効果があるともいわれています。木材の強度は 200年~300年は変わらないといわれ、強度が落ちるのは800年~1200年ほどという途方もない先の話なのです。古民家は最近の住宅とは比較にならないぐらい良質な木材が贅沢に使われた耐久年数の長い住宅なのです。

古民家再生とは?

古民家再生

築数十年〜数百年の古い民家や日本建築を改築・改修し、より美しく機能的に再生させるリフォーム工事のことをいいます。まずは、古民家の耐震性や耐久性を調査して、立地状況や古民家の状態によっては、耐震・耐久補強工事を施す必要もあります。また古材を積極的に再利用したり、造作された間取りや建具を最大限に活かしつつ、外観や機能的なバランスを考えて、現代の設備機器や建具を取り付けていくなどプロの職人の技術が必要になります。

梁や柱、建物の躯体を残したまま、新しい息吹を吹き込みます。普通の新築には絶対に真似のできない、味わいのある住まいが実現できる。そんな技術でお客様のご要望にお答えします。

主なメリット

reform-img34
昔ながらの趣 健康的な建材 安全と快適さを

古民家再生のポイント

古民家再生のポイント

古民家の良い所を残す為に、構造材は、できるだけ残すように施工しています。一つ一つ構造材を調べながら、傷つけない様、慎重に解体していきます。構造材でも傷みのあるものは取り除き、広い空間を確保します。状態が悪いと基礎からやり直します。湿気やシロアリの被害にあわないようベタ基礎を構築し、古民家を組み直します。

床の木材はムク材を使用し、古民家の家全体の調和を考えます。また、土壁を使用しますが、今までにない色調や土以外の素材も可能ですので、是非ご相談下さい。天井は基本的に構造現わしにして、 木材の風合いを活かし、古き良き風合いを残します。

山尾工務店はお見積り、ご相談は無料です。
「古くなった住まいを解体して建て替える。」
ちょっと待って下さい、昔ながらの住まいには新しいものには実現できない技術や味わいが生きています。
そんな味わいを残したまま、住まいを再生させるのは「山尾の古民家再生」です。 広島で古民家再生なら廿日市市の山尾工務店へご相談下さい。

リノベーション

リノベーション

リノベーションとは

「RE」+「INNOVATION」、直訳すると「再び」+「刷新する」という意味のリノベーションは、簡単に言うと建物を時代の変化に対応させて、建物の機能や性能などを向上させ、建築物の資産価値を高める施工です。「リフォーム」と言う言葉を連想しますが、リフォームが時代に合った内装や外装、設備機器などを新しくする事に対し、リノベーションはそれに加えて、躯体の補修や耐震補強、断熱性の向上、新しい配管への取替などといった見えないところにまで幅を広げ、性能を更に向上させ、建物自体の価値を高めるという点にも力点を置いています。リノベーションは、ライフスタイルにあった魅力的な付加価値をプラスします。

「中古住宅・マンション+リノベーション」なら、新築よりも低予算で理想の住まいを実現できます

人気エリアであっても、「中古住宅・マンション+リノベーション」なら、新築よりも低予算で、オンリーワンの住まいを実現できます。また、リノベーションのベースとなるのは、中古のマンションや一戸建てだけではありません。オフィスや店舗、倉庫などを、住まいへリノベーションすることもできます。お客様のご希望やイメージを共有し、理想の住まいづくりをお手伝いします。

リノベーションは、古い建物の「味わい」を活かせることも魅力

リノベーションは、古い建物の「味わい」を活かせることも魅力

古い建物がもつ独特のたたずまいや素材の味わいなど、年月を経ることで生まれた魅力を活かしながら、新たな価値を創っていくことも、リノベーションの楽しみです。大切なことは、そこで暮らす方の嗜好や価値観が住まいと一体化していること。趣味の空間やくつろぎの空間、暮らしを楽しむアイディアをたくさんとり入れて、ライフスタイルにフィットする住まいに仕上げていくことがリノベーションの魅力です。

スケルトンから再生します

スケルトンから再生します

リノベーションでは、建築家が建物の耐用年数や耐震性をチェックした上で、スケルトンの状態から再構築していきます。スケルトンとは構造躯体まで解体した状態のことで、自由な発想で一から間取りやデザインをつくることができ、同時に断熱性の向上や専有部分の配管・配線の交換など、躯体以外のハード面も新築に近い状態へ再生できます。

広島の山尾工務店では、注文住宅を一から造るだけではなく、リノベーションをお考えの方のご相談をお受けしております。さらなる理想的な住まいを、私達と共につくり上げていきませんか?

広島県内(廿日市市、広島市、大竹市、東広島市、呉市など)で、住宅リノベーションなら廿日市市の山尾工務店へご相談下さい。

  • 資料請求
  • お問い合わせ