どうも黒田です

お久しぶりです。黒田です。

6月

サッカーW杯が開幕してから寝不足ぎみだった黒田です。

今回のロシア大会はどの試合も見入ってしまうものばかりで…それもそのはずですよね!

グループステージが半分終わった時点で、得点が入らない試合(スコアレスドロー)が1試合も無いみたいですし、世界ランキング上位のチームが苦戦するくらい下位チームが頑張っていましたから!!

地元ロシアは歴代の開催国で一番弱いと言われていましたが絶好調でした。 

日本もいろいろと言われていましたが、それを起爆剤に一致団結して、いいスタートを切っていましたね(^-^) 

 

大阪では震度6弱の地震が起こって家屋の全壊・半壊もあるようです。

ちょうど今、僕自身が耐震の講習などに参加させてもらっているので耐震の重要性を一段と感じています。

そこで、皆さんの家のことを少しでも見直してもらえたらと思って書きます。

まず、家の確認申請を行ったのが1981年6月以降ですか?

それ以降であれば新耐震基準を満たしています。

しかし、建物の劣化や、リフォームによる変更があれば一度耐震診断を受けてみた方がいいかもしれません。

 

そして、インターネットで地震ハザードカルテを検索して家がある場所の地盤の様子、地震の発生確率を確認してみてください。 

何か気になることがあれば耐震診断を受けてみて、今の家でどれくらいの地震に耐えられるか確認しておくといいと思います。

耐震補強を考えているけど予算が心配という場合は、部分的に補強をするという手段もあります。

接合金物の取り付けのみを行う、ちょうどリフォームをするのでそこだけでも補強するなどやり方はいろいろあります。

ただむやみに壁を増やしたり、やり方を間違えると家の性能が悪くなってしまうので、

補強を考える際は耐震診断を行って、効率的に補強していくことをお勧めします。

地震が起こっても命だけは守れるような家をこれからどんどん残していけるように頑張ります。

冬の現場と完成見学会

寒い冬が終わって熱いシーズンが開幕ですね。

今年も熱いカープが見たい黒田です。 

 

この冬は主に八千代の新築現場に通いましたが、

市内との温度差と雪の降る量の違いにびっくりしました。

そして何よりびっくりしたのは現場の中は寒くなかったということです。

 

外はガンガンに雪が積もっていても

家の中で仕事をしていて寒いと感じることはあまりなかったです!

近所のおばちゃんが抜き打ちで見学にきては

「寒いのに頑張るね~」の言葉の後に「この家は温いわ~」と毎回言っていたことが忘れられません。

それもそのはずですよね~

断熱材をこれでもかというくらい施工しましたから。

屋根・壁共にネオマフォームで外断熱した上に、

内部はウレタン断熱を施工して気密状態にしてあるので

外部の気温に左右されることはありません。

夏もまた外部の気温に影響されないので

エアコンで作った涼しい空間を長時間保てます。 

これがゼロエネルギーハウス(ZEH)の家なんですが、

残念なことに完成見学会は終わってしまいました。 

 

完成見学会ですが、地域の方をはじめ、

多くの方に足を運んでいただきありがとうございました。

2日間の開催でしたが、

笑い声が絶えない賑やかな見学会になり、

僕自身もとても楽しかったです。

どこの現場でもそうですが、

施主さんや、近隣の方がとても親切で楽しい時間を共有できたので、

終わりとなると少し寂しくなりますが、また個人的に遊びに行きたいです。

 

さて、カープもサンフレッチェもスタートダッシュ成功したので、

負けないように頑張ります(^^)/ 

黒田

Newモデルキッチン

少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。今年も一年よろしくお願いします。

2018年初のコラム!何を書けばいいか考えていると八千代の新築現場についに来ました!!噂ではまだ誰も見たことがないとか…(笑) その正体はパナソニックのNewモデルキッチンです。言葉ではうまく説明できないのですが、対面で使えるアイランドキッチンです。朝一番キッチンのパーツを搬入、そして施工説明書を凝視する職人、梱包を開けて説明書と部品を見比べる。いつものキッチンなら説明書無しでも楽々据え付けてしまう職人さんでもさすがに考えていました。それもそのはずです、日本で初めて据え付けられたんですから(^^;)いつものキッチンなら半日で、キッチン周りの家具をつけても15時には終わるみたいですが、今回はキッチンに1日がかり。

説明書通りに施工しようとしてもなかなか難しかったみたいで、いろいろ試行錯誤しながらも着々と出来上がりました。

何をするにしても初めてというのは貴重で、やる前は慎重に考え、やってしまえば自信になり、次につながる何かを得ることが出来ます。一言でまとめたらワクワクしますよね(^^)

今年もいろんなワクワクを楽しみながら頑張ります。

また完成見学会があるので日本で初のパナソニックのキッチンを…いや、どっしりと横断する背骨(中桁)のある自然素材の家を見に来てください。

↑パナソニック本社の社員の方が見学と指導をしている時のです。

黒田でした

秋です!

暑い夏が少しずつ涼しくなって秋らしさを感じますね!

読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、そして…リベンジの秋!マジックが点滅しようとも関係ありません。

日本一に突き進むのみ!カープファンのみなさん熱くなるのはこれからですよ!!体調管理をしっかりして決戦の時に備えましょう(^^)/(笑)

 

僕の秋は稲刈りから始まりました。1日だけの参加でしたが…やっぱり日中は暑いですね(^^;)

稲刈り自体は昔に比べると機械化が進んで楽になったのかもしれないですが、暑さは昔より厳しい気がします。

僕が小さい頃は刈った稲をハデに干していました。ハデにブランコをつけてもらって遊んだ記憶が残っています。

しかし、今は乾燥機が普及してハデ干しをなかなか見かけなくなりました。現代の子供たち残念だね(笑)

「機械乾燥で時間短縮」これが米の味にどんな影響を与えるのか気になります。

 

同じようなことが木材でも!

最近の家づくりも機械化が当たり前になっていて

加工は手刻みからプレカットに、材料の乾燥は天然乾燥から人工乾燥になっています。これが工期の短縮と精度の向上につながっています。

ここでの精度の向上とは、あくまで数字のことであることはまた次回に書きたいと思います。

人工乾燥は短期間で、安定して、中まで確実に乾燥できますが、木材は水分を土から吸い上げて成長しているので、伐採して急激に乾燥させるのが良いのかは疑問に思います。

天然乾燥材に比べて、仕上がりの艶、木材の曲げ力に対する粘りが劣ることは間違い無いでしょう。

機械化で生まれた長所と短所をよく見極めて、臨機応変に活用することができる技術と知識をしっかり身につけないといけないと感じる黒田でした。

お久しぶりです

こんにちは黒田です。

カープは順調に優勝街道を進んでいますが、虎がぴったりついて来るので要注意ですね!
虎といえば『おんな城主 直虎』ちゃっかり大河ドラマ見てます♪
戦国時代好きなんで(^^)/(笑)この文を書いている今日は日曜日で、ちょうど直虎見てました。
直虎が木材の商いをするために盗賊と手を組んで木を伐採するという内容がありました。

ぼくも一回だけ山に入って木を切り倒したことがあります。
もちろんプロ同伴ですよ!デカい木が倒れる時の迫力はすごかったことが記憶にあります。
デカい木でもチェーンソーを使えばあっという間に倒せます。
チェーンソーを使えばですよ!昔はチェーンソーなんか無いので斧でコツコツ…倒す、そして運ぶ!
どうやって!?やっぱり昔の人はすごい!!


ところで、今山尾工務店の土場には10m超えの丸太が4本待機(乾燥)しています。
この巨大な丸太はこれから中桁になります。嫁ぎ先は募集中ですので、是非うちにと思われた方はご連絡お待ちしています♪
そもそも中桁って何?と思われた方は現在施工中の広島市南区仁保の『背骨のある家』の完成見学会に足を運んで見ていただけたらと思います。

寒い日の皮ムキ大変でした。早くどこかの家に嫁入りしてほしいです(笑)

黒田でした!

春ですね!

あっという間に春が来ますね。最近は昼休みに公園で寝られるようになりました()

もうすぐ広島が熱気に包まれるシーズン(カープ)も開幕しますね♪

一足先にサンフレッチェが開幕しましたが、もう一足先に山尾工務店は開幕しました!

猛烈なスタートダッシュの構造見学会となりました!

公園で昼寝しとる場合じゃありませんでした()

 

今回は屋根の構造、サッシも準防火地域に適した仕様になっていたりするのですが

なんといっても毎回登場する中桁が家の端から端まで11mの檜で施工しました。

完成見学会の時には隠れてしまう箇所も構造見学会で見てもらえた方は迫力があったかと思います。

もちろん小屋組の丸太も。

今までとは違うのは材料です!横架材に地松が使用してあります。

化粧梁の地松は42㎝もあるのでこれもまた迫力満点です。

僕と同じ島根出身の地松で木目の鮮明さも他の木とはまた違っていい感じです。

あと、外観の見どころはやっぱり石州瓦の屋根ですね!

今までの見学会でも人気があった化粧垂木ももちろん施工しています。

軒先に興味がある方は必見です()

8月の完成見学会楽しみにしていてください。

黒田でした!

紙ってる

黒田です!久々のブログです。

「神ってる」流行語大賞取りましたね。

今年のカープは強かった~優勝ペナントも取りましたし、言うことなしです。日本一はお預けでしたが最後の最後まで楽しませてもらってカープにも日ハムにも感謝したいです。

それにしてもカープ熱は冷めることがないですね!12月になった今でもラジオではカープの話題は欠かせませんし、各選手がタイトルを獲得し、流行語大賞まで…この調子だと正月もカープ特番でカープ熱が加速していきますね。この勢いで来年は日本一の優勝セールもお願いします(笑)


さて、こちらでは緑井のZEHの家がひと段落。こちらも「紙ってる」でした。
なにそれ?って思った方は来年1月末にある完成見学会に足を運んでみてください。とニュースレターで勿体ぶっても意味がないので宣伝します。今回はいつも山尾工務店で施工している珊瑚の漆喰に加えて和紙のクロスを多用しています。大手メーカーのモデルハウスで目にするのはビニールクロスがほとんどでしょう。だからこそ今回の見学会で和紙クロスを実際に見て、雰囲気を味わってもらえたらと思います。ぼくが一足先に内装を見た感想ですが、面白いの一言です。一見白い天井に白い壁の和紙仕上げに見えても近づいてみると、い草が散らしてあったりします。和紙といっても色のバリエーションも豊富ですので、施主さんは悩みながら決められていました。悩んで決められただけあって、雰囲気のいい家になっていますよ。見学会に来られた際にはぜひ和紙の雰囲気や柄、色合いを楽しんでみてください。いろいろとこだわってある中でも特に見ていただきたいのは和室の上下です。これ以上書くとネタバレしてしまうので楽しみにしていて下さい。見学会に来れない方は山尾工務店の期待のルーキー未紗都ちゃんがホームページに写真をアップしてくれると思うのでお楽しみに☆


ここまで和紙のことを押してきましたが、もちろん珊瑚の漆喰や、無垢の板貼りもご覧になれます。今回の漆喰は金ゴテで仕上げてあるので、前回の木ゴテ仕上げとは違ったところもお楽しみに。
今回の黒田は今年最後なのでまだ書きますよ(笑)


以前ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)について書いたとき気候に恵まれると有利といいました。なぜ有利なのかですが…ZEHを実施するにあたって「創エネ」が一つのカギになってきます。エネルギーを創るためには発電、一般の家庭では太陽光発電が必須項目です。もちろん太陽光パネルを設置しても太陽光が当たらないと発電量が劣ってしまいます。ということで、屋根に雪が降り積もる事がめったになく、「晴れの国岡山」の隣に位置する広島は天気が崩れることも比較的少ないので発電量がぼくの地元より格段に多いです。発電量が多いほど売電できるため経済的にもいいです。ちなみにぼくの実家も太陽光発電をしていますが、冬は雪が積もるし、広島に比べると日照時間が短いので地味にコツコツ発電して、ZEH仕様の高断熱でもないので冷暖房器具はフル稼働状態です。それでも年間を通して売電量の方が多い状態です。うちの太陽光は頑張ってくれるので不満はないですが、広島みたいな恵まれた気候を活用して発電される方が少し羨ましいです。
ただ、太陽光パネルも安くはないのでよく考えて、後悔のないようにしてくださいね。

次に登場するのは、来年どこかだと思います(笑)

というわけで!!

今年はたくさんの出会いに感謝しております!ありがとうございました。来年も躍起になってがんばりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

スキャン 92 1

黒田

 

さんびオリジナルハウス 廿日市市住吉 階段

黒田です。

梅雨で作業も蒸し暑く大変です。

他の案件もあり、毎日ドタバタやっています。

廿日市市住吉の階段の途中の写真ですが、いろいろと工夫をしながら

やっています。

8月の完成見学会にむけて、ドタバタになりそうです。

 IMG_6828

外壁は吹き付けも終わり、雰囲気がでてきました。

施主様はお若い夫婦ですが、最近珍しい和風で仕上げです。

縁側もあります。完成見学会では、和室や縁側、屋根など

見どころたくさんです。ぜひ見に来てくださいね!

木工事はやりがいがあります!

IMG_6831

くろけんこと黒田でした!

カープがんばれ!

kuroda

山尾工務店 廿日市市 広島市 新築 珊瑚の漆喰 自然素材 和風建築

マンションリフォーム 広島市西区草津 珊瑚の漆喰 2

黒田です!

毎日、いろんな現場を行ったり来たりしています。

先日、塗装工事の様子をアップいたしましたが、

出来上がりの写真を今回はアップいたします。

  IMG_6170

1456442953417

IMG_6167

床材はさくらです。仕上げオイルはワトコオイルを使用しました。

自然素材で仕上げた部屋はすがすがしい空間になるから不思議ですね。

黒田

 

  • 資料請求
  • お問い合わせ